iPadOS 16の不具合でリリースは10月に遅延?|ステージマネージャにもバグ発生

9月待望のiPadOS 16のリリースが遅れる可能性があると言われています。不具合が10月の延期をもたらし、例年より待機時間が長くなりそうです。

注目の機能であるステージマネージャが期待されている中、iPadOS 16の遅延の原因になっていることでもフォーカスされています。

iPadOS 16のバグはステージマネージャも一因に

Bloombergによると、iPadOS 16のリリースはさまざまな不具合により10月に遅れる可能性があると関連情報者の間で浮上したようです。新OSの発表日が迫る中、AppleはiOS 16より後にiPadOS 16.1バージョンで利用できることを表明しました。

遅延の原因は、主にiPadOS 16の新たなマルチタスク機能であるステージマネージャのバグと言われ、ユニバーサルコントロールが春から秋に遅れたときのパターンと似ています。

ステージマネージャはmacOS Venturaと共に今回のiPadOS 16の中でも注目の新機能で、12.9インチiPad Pro第5世代や11インチiPad Pro第3世代、iPad Air第5世代などのMチップモデルに対応。すべてのウインドウを表示し、ウインドウの切り替え、リサイズ、重ね表示などMacのような高度な操作が可能です。

iPadOSではすでにSplit ViewやSlide Over、クイックメモ、ピクチャ・イン・ピクチャ、クイックメモなどのマルチタスク機能が備わっています。ステージマネージャでよりスムーズなワークフローが可能になり、作業の効率が向上するでしょう。

ステージマネージャについてはステージマネージャでウインドウやアプリをまとめて1画面に表示|MacやiPadでマルチタスク!をご覧ください。

iPadOS 16はmacOS Venturaと同時リリースもあり

iPadOS 16のバグの修正が完了するタイミングによっては、macOS Venturaと10月に同時リリースも考えられます。もともと今年の新OSはベータ版も含めて出遅れているようですが、iOS 16とmacOS Venturaは例年通りそれぞれ9月、10月にリリースされると言われています。

iOSとmacOSの中間に位置するiPadOSは、今回のアップデートによりステージマネージャのほか最大16GB仮想メモリのスワップ、12.9インチモデル対応のリファレンスモードなども利用可能。今後も機能の向上が見込まれる中で複雑な開発も予想され、他のOSと同時進行するよりも単独で自由な時期を選んだほうがベターかもしれません。

Macに導入される天気や時計アプリとは異なり、iPadOSにMac向けのステージマネージャを組み込みにはハードなタスクと言えるでしょう。遅くとも今年の後半に発表が予想されている新型iPadやM2のiPad Proの発売までに間に合うことを期待したいものです。

まとめ

iPadOS 16ではステージマネージャをはじめ、頼もしい新機能が期待できそうです。反面でバグは避けられない状況にあるようで、延期はAppleにとっても予想外の選択になるでしょう。iPadOS 16で欠陥のない機能を使うためには、10月まで待つ甲斐がありそうです。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑