ミュージックのプレイリストを異なるMacにファイルで移行する方法

Macのミュージックのプレイリストを、もう1台のMacにファイルで移行する方法をご紹介します。iMacからMacBookにコピーすれば、外出先でも同じプレイリストを視聴できるでしょう。

同じApple IDでiCloudにサインインした複数のMacをお持ちの方におすすめです。

ミュージックのプレイリストを書き出す

移行元のMacのミュージックからプレイリストを書き出してファイルに保存します。

プレイリストを書き出す画面
保存の項目を選択する画面
  1. Macでミュージックを起動する
  2. 書き出すプレイリストを選ぶ
  3. メニューバー「ファイル」→「ライブラリ」→「プレイリストを書き出し…」をクリック
  4. 必要に応じてファイル名や保存場所を変更する
  5. フォーマットを「M3U」または「XML」に設定する
  6. 「保存」をクリック

保存先のフォルダを作成する場合は、「場所」の右端にある表示アイコンをクリック→「新規フォルダ」をクリック→フォルダの名前を入力→「作成」→「保存」をクリックします。

フォーマットによって、読み込みや再生方法が異なります。後の「書き出したプレイリストのファイルを読み込む」を参考にしてください。

移行元のMacにプレイリストのアートワークがある場合、画像は移行できません。アートワークの設定についてはミュージックのアートワークを変更する方法|ジャケット風にカスタマイズをご覧ください。

書き出したプレイリストのファイルを読み込む

移行先のMacに、書き出したプレイリストのファイルを読み込みます。

ファイルを読み込むステップ
  1. Macでミュージックを起動する
  2. メニューバー「ファイル」→「読み込む」(XMLファイルの場合)、または「ライブラリ」→「プレイリストを読み込む」をクリック
  3. 読み込むファイルを選択
  4. 「開く」をクリック

M3Uファイルでは、読み込むと自動的に再生されます。XMLファイルはメニューバー「ファイル」→「ライブラリ」→「プレイリストを読み込む」で読み込み、手動で再生してください。

いずれのフォーマットも、読み込めない曲があると省かれる場合があります。XMLファイルの場合は「”〇〇.XML”ファイルの一部の曲が見つからないため、読み込めませんでした。」と表示されるので、「OK」をクリックしてください。

読み込まれなかった楽曲は、後から手動で移行先のMacへ追加できます↓

プレイリストを「コピー」する機能との違い

Macのプレイリストの曲にある「…」→「コピー」、または右クリック→「コピー」は、同じMac内で有効です。別のMacのプレイリストにはコピペができません。

手動で楽曲を追加する場合は、移行元のMacのプレイリストから楽曲ファイルをFinderやデスクトップへドラッグ&ドロップし、移行先のMacに同期したファイルをプレイリストへドラッグ&ドロップします。同期されない場合は「システム環境設定」→「iCloud Drive」にチェックを入れる→「オプション」→「”デスクトップ”フォルダと”書類”フォルダ」にチェックを入れる→「完了」をクリックしてください。

AirDropで共有する場合は、Finder→楽曲ファイルを右クリック→「共有」→「AirDrop」→送信先のMacを選択→「完了」をクリックします。共有されたファイルはFinderのダウンロードフォルダに送信され、ドラッグ&ドロップでプレイリストに追加できます。

まとめ

Mac同士でミュージックのプレイリストを共有するときは、ファイルで移行するのが一番簡単です。複数のMacで同じプレイリストを手軽に楽しむ、一つの便利なテクニックとして試してみてください。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑