iPadのジェスチャー大特集!指先で画面をシームレスに操作しよう

iPadを操作するときに大切なのがジェスチャーの使い方です。主にタッチスクリーンで使うiPadであるからこそ、やり方をマスターすれば作業の時短もできます。

今回は中でもよく使うアプリの表示やSplit View、Slide Over、入力、どの画面でも使えるジェスチャーをまとめました。初心者からエキスパートまで、iPadを手際よくコントロールしましょう。

アプリやウインドウに関するジェスチャー

iPadを使用中に知っておくと便利な、アプリやウインドウなどに関するジェスチャーをまとめました。

バックグラウンドのアプリやウインドウを個々に表示する

アプリやウインドウを個別に表示するには2つの方法があります。

  • 4本指、または5本指で画面を左右にスワイプ
  • 1本指、または2本指でホームバーを左右にスワイプ

2番目のホームバーのスワイプが一番やりやすいです。

アプリのウインドウを一覧表示する

アプリの画面上「…」をタップすると(タップした後は非表示)、画面下部にバックグラウンドで起動中の同アプリのウインドウ(ミュージック、カメラ、アプリなど表示されないアプリもあり)、およびSlide Overがすべて表示されます。

ベールがかっているウインドウは表示中を意味し、「+」をタップすると新規ウインドウを追加できます。

上へスワイプするとウインドウが閉じます。

アプリやウインドウを一覧表示する

Slide Overを含む、バックグラウンドで起動中のアプリやウインドウをすべて表示します。2つの方法があります。

方法1

1本指で画面下から上へ、または中央と左/右の間から軽くゆっくりスワイプします。

すでに指によるスクリーンショットや、クイックメモが左右いずれかに設定されている場合、隅より中央に近い箇所でスワイプするとアクションが混在されずにスムーズに表示できます。

方法2

4本指、または5本指で、画面をつまむ感覚ですばやく画面をピンチインします。

ピンチインするときは、指先を斜めにせずまっすぐ上向きで行うと上手くいきます。

*4本指と5本指のジェスチャが機能しない場合は、「設定」→「一般」→「ジェスチャ」→「4本または5本指でスワイプ」をオンにしてください。このほか、関連するジェスチャーにも有効です。

Safariのタブを表示する

Safariの1つのウインドウ内のタブをすべて表示するときのジェスチャーです。

複数のタブが開いているSafariのウインドウ内のWebページを開き、2本指または3本指でピンチインします。元に戻すときも2本指または3本指でピンチアウトしましょう。

画面の最上部へスクロール

アプリの画面上部の「…」の左右いずれかの脇をタップすると、画面の一番上にスクロールします。(カメラや計測、iMovieなどいくつかのアプリを除く)

アプリを閉じる/終了する

アプリやウインドウを閉じるときは、画面下から上へスワイプ(スクリーンショットやクイックメモを設定時は隅を除く)します。

アプリを終了するときは一覧表示画面を開き個々に上へスワイプ、複数ある場合は同時にアプリを上へスワイプします。

Split Viewを作るジェスチャー

画面を2分割して表示するマルチタスク機能、Split Viewのやり方や解除法をまとめました。

Dockから作る

  1. 任意のアプリを立ち上げる
  2. 画面上部の「…」をタップ
  3. 中央のSplit Viewアイコンをタップ
  4. Dockからもう一つアプリをタップ

Dockに起動したいアプリがない場合は、ホーム画面からアプリをDockへドラッグ&ドロップして移動しましょう。

キャンセルするときは、画面脇によけられたウインドウをタップしてください。

Split Viewのアプリの位置は「…」を左右にドラッグすると切り替わり、中心のバーを左右にドラッグすると、ウインドウのサイズを変更できます↓

アプリのウインドウ一覧画面から作る

アプリの画面下部に表示されるウインドウ一覧からSplit Viewを作ります。

  1. アプリの画面上部「…」をタップ
  2. 画面下部に表示されたウインドウ一覧から切り替えたい側のアプリへウインドウをドラッグする
  3. アプリのアイコンが表示され画面分割されたら指を放す

アプリを起動したときに表示されるウインドウ一覧からはできません。画面をタップして一度非表示にし、Split Viewのいずれかの「…」をタップして画面ごとに表示します。

この場合、すでにSplit Viewになっているアプリは解除されて個々に表示されます。

Safariのタブから作る

  1. Safariを開く
  2. タブを長押しする
  3. タブを画面左右いずれかの脇へグッとドラッグする
  4. アプリがアイコンになり画面が分割したら指を放す

少なくとも2つのタブを開いた状態で行いましょう。

アプリ・ウインドウ一覧画面から作る

Appスイッチャーで、一画面のアプリをもう一つのアプリと結合してSplit Viewにできます。

  1. Appスイッチャーを開く
  2. Split Viewにしたいアプリを長押しする
  3. そのままドラッグしてもう一つのアプリに重ねる

すでにSplit Viewになっているアプリを他のアプリに移動してSplit Viewにすることも可能です。

AppスイッチャーでSplit Viewを解除するときは、どちらか一方のアプリを長押ししてアプリの隙間にドラッグ&ドロップします。

Slide Overから作る

Slide Over(後の項目参照)から、Split Viewを作ることができます。

  1. Slide Overの画面上部「…」をタップ
  2. 中央のSplit Viewアイコンをタップ
  3. 左右いずれかに配置するアイコンを選ぶ

画面上部「…」を下へ左右いずれか側へドラッグし、両方のアプリがアイコンになるタイミングで指を放すことでも可能です。

Split Viewのアプリを他のアプリに切り替える

すでにあるSplit ViewのいずれかのアプリをDock内のアプリと切り替えます。

  1. 切り替えるアプリの画面上部「…」を下へ向けてスワイプする
  2. Dockからもう一つアプリをタップする

Split Viewのアイコンを使わずに作る方法です。左右どちらかに向けてスワイプすると、それぞれの位置に配置されます。

Split Viewの解除

Split Viewの解除は2つの方法があります。

  • 非表示にしたいアプリの「…」を押さえて下へすばやくスワイプし、画面脇に避けたアプリをタップ
  • 表示したいアプリの画面上部「…」→フルスクリーンのアイコンをタップします。

非表示にしたアプリはバックグラウンドに残っています。

Slide Overを作るジェスチャー

Slide Overは縮小したウインドウを左右いずれかの脇に配置し、フルスクリーンのウインドウに重ねたりSplit Viewと3画面で表示することもできます。Slide OverのAppスイッチャーや非表示法などのやり方も加えました。

Dockから作る

  1. Dockからアプリを立ち上げる
  2. もう一つアプリを長押しして左右いずれかの上方向へドラッグし、Slide Overの縦長フォームになったら指を放す

後からでも、Slide Overの「…」をドラッグしながら左右の移動が可能です。

アプリはSlide Overの上に重ねて追加でき、SafariやChromeはタブ一覧表示もできます。

アプリのウインドウ一覧画面から作る

  1. 任意のアプリを開く
  2. 画面上部「…」をタップ
  3. 画面下部に表示されたウインドウを長押しする
  4. 画面上方向、左右いずれかにドラッグしてSlide Overの縦長フォームになったら指を放す

左右の脇にドラッグするとSplit Viewになってしまうので、少し手前で指を放しましょう。

Slide Overのアイコンから作る

  1. 任意のアプリを立ち上げる
  2. 画面上部の「…」をタップ
  3. 右側のSlide Overアイコンをタップ
  4. もう一つ他のアプリをDockから立ち上げる

Slide Overはホーム画面では表示できないので、もう一つ起動するアプリを用意しておきましょう。

Split Viewに重ねて作る

  1. アプリを立ち上げる
  2. 画面上の「…」をタップ
  3. 真ん中のアイコンをタップ
  4. Dockからもう一つアプリをタップ
  5. Dockからさらに他のアプリを長押しする
  6. 画面中央にドラッグしてSlide Overの縦長フォームになったら指を放す

3画面を表示する方法です。3つのアプリを同時に表示しながら、作業の効率を上げるマルチタスクができます。

Split Viewのアプリから作る

Split ViewからSlide Overを作る方法は2つあります。

  • Split Viewのいずれかのアプリの「…」→右のアイコンをタップ
  • 「…」を下方向、左右いずれか側にドラッグ→もう一つのアプリがフルスクリーンになり、ドラッグしたアプリがSlide Overの縦長フォームになっら指を放す

Split Viewを分解する感覚でSlide Overを作りましょう。

Safariのタブから作る

  1. Safariを開く
  2. タブを左右いずれか側へドラッグ
  3. タブがアイコンになりSlide Overの縦長フォームになったら指を放す

タブが1つの場合にSlide Overを作ると、ウインドウにスタートページが自動的に表示されます。

Slide Overのその他のジェスチャー

Slide OverのアプリをAppスイッチャーで表示する

Slide Overの中のすべてのアプリを一覧で確認できます。iPhoneと同じような操作です。

  1. Slide Overの画面下にあるバーを上へゆっくりスワイプ
  2. 表示したいアプリをタップ

アプリが表示されないときは、指でSlide Overを押さえたまま上下少し動かすと出てきます。

アプリを一つずつチェックしたいときは、バーを左右にスワイプしましょう。

アプリを終了するときは上へスワイプしてください。

Slide Overを非表示/表示する

Slide Overのアプリを、画面左右の脇いずれかにスワイプ、またはバーを上へスワイプすると非表示になります。

表示をするときは、画面脇の矢印アイコンチップを画面中央に向けてスワイプします。矢印アイコンチップが非表示の場合は、画面の脇から中央へスワイプしてください。

Slide Overを解除する

Slide Overのアプリの画面上部「…」→フルスクリーンアイコンをタップすると1画面になります。

入力に関するジェスチャー

テキストを入力するときや、コピペに関するジェスチャーをまとめました。

単語を選択する

1本指でテキストを2回タップします。

1文を選択する

1本指でテキストを3回タップします。

コピーをする

コピーする範囲を選択し、3本指でピンチインをします。

ペーストをする

ペーストしたい箇所に、3本指でピンチアウトをします。

取り消しをする

行った内容を消去するときに、3本指で左にスワイプします。

やり直しをする

消去した内容を元に戻すときに、3本指で右にスワイプします。

カットする

カットする箇所を選択して、3本指ですばやく2回ピンチインします。

キーボードのスペースキーでカーソルを探す

キーボードのスペースキーをタップすると、カーソルのある場所へ誘導してくれます。

ページをスクロールしてカーソルの場所がわからなくなったときなど、すばやく探し出せます。

キーボードの英単語から数字を入力する

英字や日本語ローマ字入力のキーボードでは、一番上の文字列から数字も入力できます。入力したい数字のある英単語キーを長押しして下へドラッグすると、英単語の代わりに数字が表示され画面に入力できます。

数字が完全に見えるまでしっかりドラッグしましょう。

キーボードを縮小する

フローティングと呼ばれるキーボードを縮小する方法です。

  • キーボードを2本指でピンチイン
  • キーボード下のキーボードアイコンを長押し→「フローティング」をタップ

拡大する(元の大きさ)ときは、2本指でピンチインします。

キーボード下のバーをドラッグするとキーボードの移動ができます。

キーボードを非表示にする

iPadを縦横それぞれに置いた場合の操作と、共通ジェスチャーをまとめました。

横向きの場合

1本指または2本指で画面を押し下げます。表示をするときは画面を同様の方法で押し上げます。

縦向きの場合

1本指、または2本指で画面を押し下げると、完全にキーボードが非表示になります。画面をタップするとキーボードが表示されます。

共通

キーボード内の右下にあるキーボードアイコンをタップしても非表示できます。縦向きと同じように、キーボードが完全に非表示なります。

カーソルを指でマウスのように動かす

キーボードのスペースキーを1本指で長押しすると、マウスのようにカーソルを動かせます。そのまま上下に移動すると画面がスクロールします。

スペースキーを押さえながらもう一方の指をキーボード上をタップすると、カーソルが大きめに表示され、指を動かしながら範囲選択も可能。入力のジェスチャーを使ってコピーやカットなどの操作をしましょう。

選択した内容をタップすれば、カットなどのメニューが表示されます。

どの画面でも使えるジェスチャー

どの画面からも操作ができるジェスチャーです。

ホーム画面に戻る

アプリをしまう方法と同じです。1本指で画面下から上へ向けてスワイプします。

Dockを表示する

1本指で画面下から上へスワイプします。Dockを下へスワイプすると非表示になります。

コントロールセンターを開く

1本指で画面右上を下へスワイプします。画面をタップすると終了します。

通知センターを開く

1本指で画面上部「…」の左右いずれかの脇から下へスワイプ。コントロールセンターがある右側よりも、左側の方がスワイプできる範囲が広いです。

ホームバーを上へスワイプすると非表示になります。

Spotlight(スポットライト)を開く

通知センターを開いた状態で、どこでも良いので1本指で下へスワイプします。画面をタップすると終了します。

クイックメモを開く

1本指で右下隅、または左下隅から画面中心へスワイプします。

*クイックメモの左右の起動場所は「設定」→「一般」→「ジェスチャ」→「左下隅」または「右下隅」からクイックメモを設定します。左右両方ともクイックメモの設定もできます。

まとめ

iPadのジェスチャーは多少コツがいるものもありますが、慣れてくると簡単に操作できます。同じ操作でもやり方が選べるジェスチャーもあるので、簡単なものから試してみると良いでしょう。普段の作業に取り入れながら、iPadを快適に使ってください。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑