iPhone 15がこのスペックで発売されるなら2023年まで待つ価値あり?

iPhone 15のリークがすでに浮上している中、頼もしいスペックが注目されています。iPhone 14に搭載されると期待されていたいくつかの機能が、iPhone 15に先送りになる可能性も。

iPhone 14を通り越してiPhone 15を待つべきか、予想されているスペックや発売日、価格などをまとめてお伝えします。

iPhone 15はこうなる!?注目スペックをチェック

iPhone 15に予想されるチップをはじめ、カメラやディスプレイなどのスペックをまとめました。

Proに3nmプロセスのA17チップを搭載

iPhone 15 Proシリーズに、TSMCの3nmプロセスで製造されたA17チップを採用するとDigiTimesが伝えています。3nmプロセスチップの生産は2022年末にスタートし、TSMCによるとiPhone 13 Proの5nmよりも最大15%のパフォーマンスの向上や、35%電力消費を抑えるようです。

アナリストのミンチー・クオ氏によれば、今後AppleはiPhone 14シリーズのようにスタンダードとProモデル別に2つのタイプのチップを採用すると推測しています。iPhone 15のスタンダードモデルには、iPhone 14 Proから引き続き4nmプロセスのA16チップの搭載が期待できそうです。

3nmの拡張版であるN3Eも2022年後半に大量生産する予定で、2023年の春までには性能を発表できるよう。iPhone 15が例年のように9月に発売されるなら、スタンダードモデルに3nm、Proに3NEプロセスのA17チップの搭載も考えられます。

3nmプロセスのチップは2023年に発売される14/16インチMacBook Pro、ハイエンドのMac mini、Mac Proなどにも採用されるようで、今後のAppleデバイスのパフォーマンスをリードするキースペックとなりそうです。

TSMCはすでに2nmチップにも着手しており、2024年以降のiPhoneで性能を発揮できるかもしれません。

Proのメモリが8GBにアップデート

iPhone 15 Proのメモリは8GBになると言われ、スタンダードモデルより2GB増量が予想されています。iPhone 12や13のように、モデルによってメモリ容量の違いがiPhone 15で再び見受けられるかもしれません。

iPhone 14ではチップ(iPhone 14/Plus:A15、Pro/Pro Max:A16)やモデルに関係なく6GBが搭載されています。A16チップのProモデルでは、A15と比べて最大50%広い帯域幅や1コア多い5コアのGPUを搭載しています。

iPhone 15 Proに搭載されるというポテンシャルなA17チップに加え、8GBのメモリでさらなる高速なデータ転送やスムーズなグラフィックスの表示などが期待できるでしょう。

これまでにないパワーを発揮できる、よりプロフェッショナルなiPhoneになりそうです。

独自の5Gモデムチップ

AppleがiPhone 15で独自のモデムチップを採用する兆候が見られたのは約1年前。現行モデルのモデムチップ社Qualcommは、当時80%の供給ダウンを見込んだようです。

しかし現状では開発の目処が立たず、ミンチー・クオ氏やBloombergのマーク・ガーマン氏によると、iPhone 15のモデムチップはこれまで通りQualcommが担うことをレポートしています。

QualcommとのコラボはAppleにとって有利というよりも、他に頼るあてがない手段とも思われ、今やAppleが自立できるまでのつなぎであるに過ぎないかもしれません。

Appleが目指すモデムチップの開発は現時点で足踏み状態であるものの、将来的な目標であることは変わりないようです。理想的なモデムチップの実現に努めている限り、いつかオリジナルのモデムチップを搭載したiPhoneやiPad、Macも期待できます。

Appleが独自のモデムチップを開発できれば、Appleシリコンのようにデバイスの性能を最大限に引き上げることができます。同時にQualcommへの特許権の使用料がなくなるため、生産コストの削減にもなるでしょう。

高倍率ズームのペリスコープレンズ

ミンチー・クオ氏によると、iPhone 14 Proシリーズに搭載されると言われていたペリスコープレンズがiPhone 15 Proシリーズに搭載されることを伝えています。

AppleはサプライヤーのLante Opticsとすでに話しを進めているようで、Appleデバイスの中で初のカメラスペックになりそうです。アナリストによると、iPhone 15のProシリーズでチップを更新することにより販売率増加を最大60%期待し、サプライヤーの利益にもつながることをアピール。

ペリスコープレンズはレンズとセンサーを90度に配置しているのが特徴で、プリズムにより光を屈折させながら最大10倍の光学ズーム撮影を可能にします。

Galaxy S22 Ultraのようにすでに導入しているAndroidのスマホもありますが、iPhone 15 Proシリーズでは最大5倍の光学ズームになることが予想されています。

さらに、ペリスコープレンズはカメラ自体の出っ張りを抑える効果もあり、もし可能であればデバイスの表面がフラットに。さらにボリュームアップが予想されるiPhone 14のカメラより凸凹が抑えられるかもしれません。

ペリスコープレンズを機能を確実にするには、デバイス内のスペースを確保することが課題になり、Appleは内部構造も再考案する必要があるでしょう。

iPhone 15とiPhone 15 Plusには、iPhone 14 Proの48MPメインカメラが期待されています。

光を多く取り込むイメージセンサー

AppleはiPhone 15のカメラに、より多くの光を取り込むソニーのイメージセンサーを搭載することをNIKKEI Asiaがレポートしています。レンズが捉える光量のバランスをとりながら被写体をクリアに写し出し、撮影後の明るさの調整を省けるメリットがあります。

高倍率の光学ズームを可能にするペリスコープレンズも加え、イメージセンサーの搭載はProシリーズのカメラ性能を際立たせることは確か。スタンダードモデルへの搭載は、iPhone 14のカメラ性能がProとスタンダードで差があることを考えると、話題のセンサーはProに限定されるかもしれません。

iPhone 14 Proのカメラは48MPメインや12MP望遠、2倍ズームなどでアップデートしましたが、iPhone 15のカメラも目を見張る機能が期待できそうです。

画面下のFace IDを採用する可能性も

韓国サイトのThe Elecは、画面下に埋め込んだFace IDディスプレイをProシリーズのみに採用することをレポートしています。一方ミンチー・クオ氏は画面下のFace IDとフロントカメラはiPhone16に採用されるとツイート。

画面下にカメラを搭載することには一長一短があり、ディスプレイがほぼフルスクリーンになる反面、画質のクオリティが劣る可能性もあるようです。さらに安全性の維持もできるか問われる高技術が必要。

ミンチー・クオ氏によると、開発技術の問題というより販売戦略が背景にあるようです。おそらくAppleはすでに画面下のFace IDのiPhoneの発売をスタンバイしているかもしれません。

もちろん世の中の情勢によって、前後する可能性は十分あるでしょう。

画面下のTouch IDは2025年以降に延期

画面下のTouch IDも噂されていたiPhone 15ですが、ミンチー・クオ氏によると画面下のTouch IDはiPhone 17 (2025年)以降になる可能性があると予測しています。

Appleはすでに一部のiPhone 13で試したようですが、実現には至らなかったよう。画面下のFace IDとの同時搭載はまだ時間がかかりそうです。

オールフルスクリーンの予想もあり

iPhone 15はフロントカメラを配置する1つのパンチホールスクリーンになると言われていました。その後、ProシリーズではFace IDセンサーとフロントカメラを画面下に搭載したオールフルスクリーンになる噂が浮上。

現時点でオールスクリーンはiPhone 15 Proをスキップし、iPhone 16 Proへ移行する気配があります。

オールフルスクリーンの秘密はサムスンが開発中の透明なミクロの窓によるもので、陰極とOLED層内で開くことにより機能を可能にするようです。

すでにディスプレイアナリストのロス・ヤング氏が予想していたピル型とパンチホールは、iPhone 14 Proのダイナミックアイランド(Dynamic Island)になりそうです。

スクリーンのサイズについてはiPhone 14のように、iPhone 15とiPhone 15 Proが6.1インチ、iPhone 15 Plus、iPhone 15 Pro Maxは6.7インチになると言われています。

iPhone 14 Plusの売上が予想を下回ったことを考慮すると、iPhone 15シリーズで全体的な改善をして埋め合わせをする必要もありそうです。5.4インチのiPhone 12 miniとiPhone 13 mini以来、新しいディスプレイサイズのモデルはユーザーのニーズに応え難い結果が続いています。

iPhone 14シリーズのサイズを維持しても、iPhone 15で新サイズを追加しても、Appleは性能、利便性、価格の釣り合いを再検討する必要があるでしょう。

リーカーShrimpAppleProによると、iPhone 15全モデルにApple Watch 8のようなカーブを施したベゼルが採用され、ProのベゼルはiPhone 14 Proよりスリムになるようです。

音量と電源ボタンがソリッドステート仕様に

ミンチー・クオ氏によると、iPhone 15 Proシリーズの音量と電源ボタンは、タッチで反応するソリッドステートシステムになる可能性があるようです。

Taptic Engineで作動するソリッドステートボタンは、触れると振動を起こし押したような感覚を与えます。今までのように力を入れてボタンを押す必要がなくなり、トラックパッドのように軽いタッチだけで操作できる利便性が得られるでしょう。

側面はフラットになることが予測され、カバーをした場合でも敏感に機能するのかも気になるところです。背面のエッジは、iPhone 5Cのようなラウンドカットになるとも言われています。

ソリッドステートボタンによりiPhoneの耐水性が高まるとも言われ、さまざまな面でメリットをもたらしそうです。

異なる速度のUSB-Cを採用

ミンチー・クオ氏の11月のツイートによると、iPhone 15シリーズに採用されるUSB-Cは、スタンダードモデルとProモデル間で速度が異なるようです。

iPhone 15とiPhone 15 PlusのUSB-Cは、最大480MbpsのUSB 2.0と同じ速度で、実質的にはLightningと変わらないようです。いずれのコネクタも向きに関係なく本体に差し込め、強いて言えばポートやコネクタの凹凸がアップデートされることになります。

iPhone 15 ProとiPhone Pro Maxでは最大20GbpsのUSB 3.2 Gen2x2、もしくは最大40GbpsのThunderbolt 3に対応するようです。Thunderbolt 3が実現すれば、iPad Pro並みの転送速度です。いずれの場合でも、スタンダードモデルよりも高速なデータ転送や充電が可能になり、待機時間を大幅に削減してくれるでしょう。

10月に行われたヨーロッパ連合会議で採決されたUSB-Cの強制により、Appleは2024年以内にLightningコネクタを廃止するのはやむをえない状況。しかしProにおける高速なデータ転送や充電、1本でマルチなデバイスに対応、さらに電子廃棄物の削減ができるなどメリットは大きいです。

過去にはポートの廃止の噂もありましたが、欧州によるユニバーサルなUSB-Cポートへの要請により保留になったようです。

Wi-Fi 6Eを採用する可能性

Barclaysのアナリストによると、iPhone 15には6GHz帯の高速な通信もできるBroadcomのWi-Fi 6Eを導入する可能性があるようです。iPhone 14のWi-Fi 6よりも1GHz高速で、大量のデータ転送や、インターネット、ゲーム、ダウンロードなどがさらに快適になります。

Wi-Fi 6EはすでにiPad Pro(2022)、M2 Pro/M2 Max MacBook Pro、M2/M2 Pro Mac miniなどで利用でき、iPhoneはタイミングのズレから遅れをとっています。

iPhone 11以降から続くWi-Fi 6は全モデルに採用されています。iPhone 15でもモデルに関係なく利用できることが期待されますが、Proシリーズに限定される可能性もあるようです。

もっともWi-Fi 6Eを完備したルーターを利用することで、Proスペックの価値が高まるのは言うまでもありません。仮にProシリーズがWi-Fi 6Eに対応すれば、スタンダードモデルは現行のWi-Fi6を継続します。

Appleはかつてから独自のWi-Fiの開発に専念しており、最近ではBluetoothとのコンビネーションチップのプロジェクトもあると言われています。ミンチー・クオ氏によると現時点ですべての開発は一時停止になり、将来的なWi-Fi 7もBroadcomに委ねる意向。

マーク・ガーマン氏が予想している2025年までの独立を実現するには、Appleはモデムチップとともに開発のペースを早める必要がありそうです。

iPhone 15のモデル間でスペックの違いが顕著になる予想

2022年9月に投稿されたミンチー・クオ氏のツイートによると、iPhone 15のスタンダードモデルとProでは、より多くのスペックの違いをアピールすると予想。

これまでハイエンドのiPhone 15に予想されているスペックでは、A17チップ、ペリスコープレンズ、スリムなベゼル、ソリッドステートボタン、高速なUSB-C、Wi-Fi 6Eなど、すでに顕著な違いが浮き彫りになっています。モデルの個性が強いほど、ASPが増加するメリットもあるようです。

マーク・ガーマン氏によると、Pro Maxは「Ultra」としてProよりワンランク上の機能を予想。デュアルレンズのフロントカメラやペリスコープレンズ、8K動画撮影、チタン製の筐体などのスペックなどからもふさわしい名前になるかもしれません。ペリスコープレンズがUltraに搭載される場合、ProはiPhone 14 Proの望遠ズームを継続すると言われています。

UltraはMac StudioのM1 UltraチップやApple Watch Ultraで採用されており、各シリーズの最上級レベルとしてiPhone 15でも高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。

iPhone 15の発売日はいつ?

iPhoneの発売日はAppleデバイスの中でも安定しており、iPhone 15の発売日も例年どおり9月中旬以降になることが予想されます。iPhone 5〜iPhone 14までのiPhoneシリーズの発売日を振り返ってみましょう。

iPhoneのモデル発売日
iPhone 5c、iPhone 5s2013年9月20日
iPhone 6、iPhone 6 Plus2014年9月19日
iPhone 6s、iPhone 6s Plus2015年9月25日
iPhone SE2016年3月24日
iPhone 7、iPhone 7 Plus2016年9月25日
iPhone 8、iPhone 8 Plus2017年9月22日
iPhone XS、iPhone XS Max2018年9月21日
iPhone XR2018年10月26日
iPhone 112019年9月20日
iPhone SE(第2世代)2020年4月24日
iPhone 122020年10月23日(iPhone 12、iPhone 12 Pro)、2020年11月13日(iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro Max)
iPhone 132021年9月24日
iPhone 142022年9月16日(iPhone 14、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max)、2022年10月7日(iPhone 14 Plus)

春に発売されるiPhone SEとは異なり、ほぼ9月に発売されています。iPhone 14は発表と発売が例年より1週間早めになり、新登場のiPhone 14 Plusは他のモデルより3週間後に発売されました。

iPhone 15も状況に大きな変動がない限り、9月中旬〜後半の発売が期待できるでしょう。

例年通りの金曜日とiPhone 14の発売日に沿うと、iPhone 15の発売日は2023年9月15日が予想できます。2020年の例外を除き、iPhone 13以前のモデルのように下旬以降になる場合、2023年9月22日になる可能性もあります。

仮にiPhone 15 Pro MaxがUltraで登場すれば、iPhone 14 Plusのように10月にずれて特別発売されることも考えられます。iPhone初のウルトラモデルとして、同時発売でも一際注目されるでしょう。

iPhone 15の価格

iPhone 15 Proは、価格においてもスタンダードモデルと差を広げるようです。チタンフレームやペリスコープレンズなどの限定スペックが、引き上げの要因になっていると考えられます。

iPhone 14 Pro(149,800円〜)、iPhone 14 Pro Max(164,800円〜)より価格上昇が見込まれ、Pro Maxではベーシックな構成で20万円に近づく可能性があります。

48MPのメインカメラなどいくつかiPhone 14 Proのスペックがスタンダードモデルにも搭載されるとなれば、価格の上昇でレベルの違いを強調できるでしょう。

Appleにとって痛手となったiPhone 14 Plusの低迷な売り上げは、iPhone 15で改善する必要があります。iPhone 15 Proの価格を引き上げることで、スタンダードモデルを高価に感じさせない効果も得られるかもしれません。

もっともiPhone 14 Proのスペックを引き継ぐスタンダードモデルの価格を下げるのは難しいのが現状です。

iPhone 15を待つ価値があるか

iPhone 14、iPhone 15、iPhone 16…iPhoneの進化は尽きることがなく、これからも情報も更新されることでしょう。

現時点でiPhone 14とiPhone 15のどちらが良いとは一概に言えませんが、それぞれの特性をフル活用し、かつ自分のニーズに見合ったiPhoneなら愛用できることは確かです。

iPhone 15もいずれ型落ちする日がやってきますが、どのモデルでも満足した使い方ができれば、最終的にはベストなiPhoneと言えるでしょう。

まとめ

iPhone 15に予想されるすべての機能やデザインが実現するかは明確ではありませんが、リークを見る限り、少なくともiPhoneが常に進化しているのは確か。iPhone 15はどのようなスペックで魅了してくれるか、2023年の発売が楽しみです。

ページ先頭へ ↑