iPhone 15がこのスペックで発売されるなら2023年まで待つ価値あり?

iPhone 15のリークがすでに浮上している中、頼もしいスペックが注目されています。iPhone 14に搭載されると期待されていたいくつかの機能が、iPhone 15に先送りになる可能性も。

iPhone 14を通り越してiPhone 15を待つべきか、予想されているスペックや発売日、価格などをまとめてお伝えします。

iPhone 15はこうなる!?注目スペックをチェック

iPhone 15に推測されるスペックをまとめました。革新的な機能やデザインのiPhoneになりそうです。

3nmプロセスのA17チップを搭載

iPhone 15はTSMCの3nmプロセスで製造されたA17チップを採用するとDigiTimesが伝えています。TSMCによると、iPhone 12やiPhone 13の5nmよりも最大15%のパフォーマンスの向上や、25%以上電力消費を抑えるようです。

3nmの拡張版であるN3Eも2022年後半に大量生産する予定で、2023年の春までには性能を発表できるよう。iPhone 15が例年のように9月に発売されるなら、スタンダードモデルに3nm 、Proに3NEプロセスのA17チップの搭載もありうるかもしれません。

ミンチー・クオ氏によれば、今後Appleはシリーズ内で2つのタイプのチップを採用し、スタンダードとProモデルで仕分けることを推測しています。iPhone 14 Proシリーズに搭載されているA16チップをiPhone 15のスタンダードモデルに、A17チップはProシリーズに制限されることになるでしょう。

3nmプロセスのチップは次期iPadやM3チップのMacにも2023年以降に採用されるようで、今後のAppleデバイスのパフォーマンスや連携作業を向上させるキースペックとなりそうです。

独自の5Gモデムチップ

DigiTimesによると、AppleはiPhone 15に独自で開発する5Gモデムチップを搭載する計画を立てているようです。

AシリーズやMシリーズのSoCの開発をはじめ、モデムチップも担うことができれば、他社の生産状況に影響されずマイペースな進行が可能。

同時にデバイスに最適な通信システムを提供でき、さらなる高速化が期待できるでしょう。

同時にQualcommへの特許権の使用料がなくなり、iPhoneの生産コストの削減に伴い本体の価格も抑えられることも期待できます。

最近のミンチー・クオ氏のツイートによれば、Appleの開発は滞っているようでiPhone 15のモデムは依然としてQualcommになる可能性があると伝えています。昨年の秋には80%の供給が推定されていましたが、進行によって今後も変動がありそうです。

高倍率ズームのペリスコープレンズ

ミンチー・クオ氏によると、iPhone 14 Proシリーズに搭載されると言われていたペリスコープレンズがiPhone 15 Proシリーズに搭載されることを伝えています。AppleはサプライヤーのLante Opticsとすでに話しを進めているようで、Appleデバイスの中で初のカメラスペックになりそうです。アナリストによると、iPhone 15のProシリーズでチップを更新することにより販売率増加を最大60%期待し、サプライヤーの利益にもつながることをアピール。

ペリスコープレンズはレンズとセンサーを90度に配置しているのが特徴で、プリズムにより光を屈折させながら最大10倍の光学ズーム撮影を可能にします。

Galaxy S21 Ultraのようにすでに導入しているAndroidのスマホもありますが、iPhone 15 Proシリーズでは最大5倍の光学ズームになることが予想されています。

さらに、ペリスコープレンズはカメラ自体の出っ張りを抑える効果もあり、もし可能であればデバイスの表面がフラットに。さらにボリュームアップが予想されるiPhone 14のカメラより凸凹が抑えられるかもしれません。

ペリスコープレンズを機能を確実にするには、デバイス内のスペースを確保することが課題になり、Appleは内部構造も再考案する必要があるでしょう。

画面下のFace IDを採用する可能性も

韓国サイトのThe Elecは、画面下に埋め込んだFace IDディスプレイをProシリーズのみに採用することをレポートしています。一方ミンチー・クオ氏は画面下のFace IDとフロントカメラはiPhone16に採用されるとツイート。

iPhone 15の全モデルにはピル型とパンチホールが採用されるという、ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏の予想は、iPhone 14の発表以降ダイナミックアイランド(Dynamic Island)システムのピル型に変わりそうです。

画面下にカメラを搭載することには一長一短があり、ディスプレイがほぼフルスクリーンになる反面、画質のクオリティが劣る可能性もあるようです。さらに安全性の維持もできるか問われる高技術が必要。

ミンチー・クオ氏によると、開発技術の問題というより販売戦略が背景にあるようです。おそらくAppleはすでに画面下のFace IDのiPhoneの発売をスタンバイしているかもしれません。

もちろん世の中の情勢によって、前後する可能性は十分あるでしょう。

画面下のTouch IDは2025年以降に延期

画面下のTouch IDも噂されていたiPhone 15ですが、ミンチー・クオ氏によると画面下のTouch IDはiPhone 17 (2025年)以降になる可能性があると予測しています。

Appleはすでに一部のiPhone 13で試したようですが、実現には至らなかったよう。画面下のFace IDとの同時搭載はまだ時間がかかりそうです。

オールフルスクリーンの予想もあり

iPhone 15はフロントカメラを配置する1つのパンチホールスクリーンになると言われていました。その後、ProシリーズではFace IDセンサーとフロントカメラを画面下に搭載したオールフルスクリーンになる噂が浮上。

最近のロス・ヤング氏のツイートによる”ピル型”の予想も考えると、今後もディスプレイのデザインは変動する可能性があるでしょう。

オールフルスクリーンの秘密はサムスンが開発中の透明なミクロの窓によるもので、陰極とOLED層内で開くことにより機能を可能にするようです。

実現すれば、これまでにないスタイリッシュなスクリーンになるでしょう。

スクリーンのサイズについてはiPhone 14のように、iPhone 15とiPhone 15 Proが6.1インチ、iPhone 15 Plus、iPhone 15 Pro Maxは6.7インチになるようです。

コネクタ・ポートの廃止

Lightningコネクタを長年採用しているiPhoneに、USB-Cへのアップデートへの期待はすでに話題になっていたものです。しかし噂によるとAppleはむしろiPhone 15でコネクタを廃止することを考えているようです。

コネクタを廃止すれば埃や水分などによるダメージがなくなり、iPhoneの寿命も延びるでしょう。スピーカーを左右に配置しただけのフラットな表面になり、ミニマムなデザインになります。

しかしコネクタ廃止により、ケーブルやUSBメモリが使えなくなる問題も。Bluetoothを使えばケーブルなしでもデバイス間の同期やCarPlayなどができますが、安定した接続にはケーブルが使えるに越したことがないでしょう。

MagSafeにデータ転送も委ねることができるのか、Appleがどの程度コネクタなしでも使える手段を発見できるかが実現のカギとなりそうです。

USB-Cポートになる可能性も

最近のミンチー・クオ氏のレポートによると、iPhone 15の一部のモデルまたは全モデルにUSB-Cが搭載されると予想。ポートレスモデルの開発を保留にする理由は、iPhoneなどのLightningケーブルのデバイスにUSB-Cポートを強制するEU(ヨーロッパ連合)の将来的な規制が要因になっているようです。

具体的には2024年秋までに施行することに合意し、正式に決定されるまでAppleはUSB-CポートのiPhoneをEU域内で発売することも考えられます。しかしブラジルやインドでも2年間でUSB-Cへの切り替えを検討し始めたことから、一定地域にとどまることができないかもしれません。

iPhone 15でポートを廃止するならUSB-Cの問題はなくなり、限られた時間でどちらが実現するかはApple次第。

USB-Cへの変更は環境汚染の削減が一つの目的でもあり、Appleにとっても無視できない課題になるでしょう。

iPhone 15のモデル間でスペックの違いが顕著になる予想

9月に投稿されたミンチー・クオ氏のツイートによると、iPhone 15のスタンダードモデルとProでは、より多くのスペックの違いをアピールすると予想。チップ、ディスプレイやカメラなど、さまざまな部分に差がつくことが考えられます。

モデルの個性が強いほど、ASPが増加するメリットがあるようです。

ProシリーズでもProとPro Maxでそれぞれ異なる仕様になり、マーク・ガーマン氏によるとPro Maxは「Ultra」と呼ばれるほどProよりワンランク上の機能を搭載することを予想。次期ProはPro Maxに対し、ダイナミックアイランドや常時表示ディスプレイに対応していないiPhone 14のスタンダードモデルのような感覚になるでしょう。

いずれのモデルにせよ、ユーザーにとってこれまで以上にニーズに合わせた選択ができるかもしれません。

Appleはそれなりに、利益の増加が期待できます。

iPhone 15の発売日はいつ?

iPhoneの発売日はAppleデバイスの中でも安定しており、iPhone 15の発売日も例年どおり9月中旬以降になることが予想されます。iPhone 5〜iPhone 14までのiPhoneシリーズの発売日を振り返ってみましょう。

iPhoneのモデル発売日
iPhone 5c、iPhone 5s2013年9月20日
iPhone 6、iPhone 6 Plus2014年9月19日
iPhone 6s、iPhone 6s Plus2015年9月25日
iPhone SE2016年3月24日
iPhone 7、iPhone 7 Plus2016年9月25日
iPhone 8、iPhone 8 Plus2017年9月22日
iPhone XS、iPhone XS Max2018年9月21日
iPhone XR2018年10月26日
iPhone 112019年9月20日
iPhone SE(第2世代)2020年4月24日
iPhone 122020年10月23日(iPhone 12、iPhone 12 Pro)、2020年11月13日(iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro Max)
iPhone 132021年9月24日
iPhone 142022年9月16日(iPhone 14、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max)、2022年10月7日(iPhone 14 Plus)

春に発売されるiPhone SEとは異なり、ほぼ9月に発売されています。iPhone 14は発表と発売が例年より1週間早めになりました。新登場のiPhone 14 Plusは、他のモデルより3週間後の発売です。

iPhone 15も状況に大きな変動がない限り、9月中旬〜後半の発売が期待できるでしょう。

iPhone 15の価格

現時点でiPhone 15は1,000ドル〜(約143,994円〜)とリークされています。

iPhone 14は119,800円〜なので、24,000円ほど価格が高くなる見込み。Plusは134,800円、ハイエンドのPro149,800円〜、Pro Max164,800円〜と同じような割合で価格上昇が推測できるでしょう。

唯一10万円以下のiPhone 13 mini(92,800円)の代わりに登場したiPhone 14 Plusと同じモデルラインナップになるなら、iPhone 15のすべてのモデルも100,000円以上になる可能性があります。

*価格は2022年9月7日現在の為替レートで換算

iPhone 15を待つ価値があるか

iPhone 14、iPhone 15、iPhone 16…iPhoneの進化は尽きることがなく、これからも情報も更新されることでしょう。

現時点でiPhone 14とiPhone 15のどちらが良いとは一概に言えませんが、それぞれの特性をフル活用し、かつ自分のニーズに見合ったiPhoneなら愛用できることは確かです。

iPhone 15もいずれ型落ちする日がやってきますが、どのモデルでも満足した使い方ができれば、最終的にはベストなiPhoneと言えるでしょう。

まとめ

iPhone 15は2023年の発売になるので、すべてのスペックが実現するかは明確でないのが事実です。しかしリークを見る限り、少なくともiPhoneが常に進化しているのは確か。iPhone 15はどのようなスペックで魅了してくれるか、2023年の発売が楽しみです!

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑