iPhone SE (第4世代)の発売は2024年の春?スペック・価格予想まとめ

iPhone SE 第4世代(iPhone SE 4)が2024年に発売されるという噂がある中、次期モデルはiPhone XRをベースにしたデザインでアップデートされるようです。ホームボタンが廃止になりノッチが搭載され、ディスプレイもワイドになると言われています。

新型iPhone SEはどのようなスペックで登場するのか、これまでのリークをもとにディスプレイ、性能、カメラ、発売日、価格をまとめてお伝えします。

iPhone SE 第4世代のディスプレイ

新型iPhone SEのディスプレイや認証についての予想をまとめました。

ディスプレイサイズとクオリティ

ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏によると、iPhone SE 第4世代のディスプレイサイズは5.7インチまたは6.1インチになるようです。サイズの拡大はホームボタンの廃止やベゼルのスリム化によるもので、現行モデルの4.7インチより1インチ〜1.4インチ大きくなることが予測できます。

AppleはLCDディスプレイとOLEDディスプレイを決めるにまだ時間を要するようで、5.7インチと6.1インチのどちらのサイズになるかも未定のようです。

ホームボタン廃止やノッチデザインを考慮すると、スタンダードモデルのiPhoneとラインナップしても違和感がないモデル。いずれのディスプレイでも、60Hzのリフレッシュレートは変わりないでしょう。もっともSEである以上、メリットであるお手頃価格を維持するスペックが見込まれます。

OLEDディスプレイは2024年にiPad Pro、次第にMacに採用するという噂があり、小さいデバイスから採用していく傾向。Apple Watch SEと同じディスプレイでクオリティを高めるだけでなく、次の対象となりうるデバイスにOLEDディスプレイを採用するのは理にかなっています。

Touch IDはサイドボタンに内蔵

認証はFace IDよりもiPad AirやiPad miniに採用されているトップボタンTouch ID式が有力で、デバイスのサイドの電源ボタンにTouch IDを内蔵する可能性があるとアナリストのミンチー・クオ氏は予想。片手でもロック解除ができ、利便性が高まるでしょう。

Touch IDが電源ボタンに埋め込まれ、ベゼルが細くなると同時に登場するのがノッチ。リーカーのジョン・プロッサー氏によると、新型iPhone SEのデザインはiPhone XRをベースにするようで、ノッチも少なからず同じ形を維持することが予想されます。

もっともFace IDのモジュールが必要ないなら、小さくなることも期待できるでしょう。

iPhone SE 第4世代の性能

iPhone SE 第4世代のチップは、2023年のiPhone 15に予想されるA16またはA17になる可能性があります。iPhone SEは前年に発表されたチップを搭載する傾向があるため、仮に2024年に発売される場合に推測できます。

A17チップを2024年発売のiPhone 16のスタンダードモデルに限定するなら、SEはiPhone 14 ProのA16を1年半後にようやく搭載することになるでしょう。

メモリは第3世代と同じ4GBになると言われており、iPhone XSシリーズや以降のスタンダードモデル(iPhone 12/13はminiも含む)相当する容量を維持。性能の向上が期待される新チップで、快適な操作ができるに変わりないでしょう。

64GBがベースであるストレージが128GBになる場合、iPhone 12 Proシリーズ以降並みのスタートラインになります。第3世代は64GB、128GB、256GBでカスタマイズでき、64GBが選択できない場合2つのオプションのみ。ストレージも2つのみ(64GBと128GB)のiPhone XRに沿うなら、512GBを追加する必要はなさそうです。

性能の向上に伴いバッテリー容量の増量も望まれ、iPhone XRのスペックを用いるなら2942mAhも期待できるかもしれません。2018mAhの第3世代より924mAh増量し、一新したiPhone SEをより長く使用できるでしょう。

iPhone SE 第4世代のカメラ

iPhone SE 第4世代のカメラは大きな変化がないようで、第3世代から多少のアップデートが期待できそうです。

第3世代には絞り値f/1.8の12MPシングルカメラ、7MPのフロントカメラなどに加え、Deep Fusionや6つのポートレートのエフェクト、ナイトモードのタイムラプス、フォトグラフスタイルなどiPhone 14と同じ機能も搭載されています。

デザインに関しては、iPhone XRではカメラ機能が縦に並んでおり、iPhone SE 第3世代は横並び。新型は性能よりも、カメラのデザインに変化を感じられるかもしれません。

iPhone SE 第4世代の発売日

ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏によると、iPhone SE 第4世代の発売は2024年になるようです。これまでに誕生した3つのモデルの発売日をチェックしましょう。

  • iPhone SE 第3世代…2022年3月18日
  • iPhone SE 第2世代…2020年4月24日
  • iPhone SE 第1世代…2016年3月31日

3つのモデルはすべて春に発売されたことから判断すると、第4世代も春のイベントで発表され3〜4月頃に登場する可能性が高いです。これまで通りスタンダードのiPhoneの発売日と約半年間隔を空けることで、iPhone SEの存在をアピールできるでしょう。

iPhone SEは2年〜4年ごとの発売で、以前に噂されていた2023年の発売は早めのアップデートのように思われたかもしれません。

第3世代は第2世代から約2年後に発売されているので、2024年の発売はむしろ通常、かつ発売時期が定着したとも考えられます。

iPhone SE 第4世代の価格

iPhone SE 第4世代の価格は第3世代より上昇し、689ユーロ(約100,069円)になると言われています。iPhone 14(119,800円)より、約19,731円安めです。

現時点でiPhone SE 第3世代は62,800円〜で37,269円価格が高くなりそうですが、2024年に発売される頃の為替レートにより変動の可能性があります。

iPhoneの中でベーシックモデルのiPhone SEは、お手頃な価格で誰にでもおすすめのスペックが特徴。第3世代ではフルスペックでも84,800円で購入できますが、新型ではすでに10万円を超えることが予想され、予算の立て方も変わってくるかもしれません。

スタンダードのiPhoneを超えることはありませんが、これまでのように10万円以下で十分なスペックを搭載できる価格が望まれるでしょう。

*価格は2022年11月4日現在の為替レートで換算

まとめ

iPhone SE 第4世代は、とりわけディスプレイの更新が注目のポイントになりそうです。iPhone SEのシンボルでもあるホームボタンの廃止、ノッチの搭載、サイズの予想がどこまで実現するか、2024年の発売が楽しみです。

ページ先頭へ ↑