macOS MontereyではSidecarが「ディスプレイ」に!2台のMacで拡張・ミラーリングも可能

macOS MontereyではSidecarアイコンがなくなり、システム環境設定の「ディスプレイ」から操作します。今まではiPadのみ接続ができましたが、2台のMacでも拡張やミラーリングが可能になりました。

同じ設定内にあるユニバーサルコントロールとは独立して、今までのようにSidecarとして作動します。ここにディスプレイからの設定による、拡張ディスプレイとミラーリング別に使い方をまとめました。

設定と対応機種

ディスプレイでSidecarを使うには以下の設定を行なってください。Mac同士はAirPlayを利用するので、デバイスが対応しているかチェックしましょう。(*下記参照)

MacとiPadで行う場合は、Sidecarで作動する機種を使ってください。

設定方法

  • 使うデバイスに同じApple IDでサインイン
  • 同じWi-Fiに接続
  • 「システム環境設定」→「共有」→「AirPlayレシーバー」にチェックを入れる「アクセスを許可」→「すべてのユーザ」または「次のユーザのみ」にチェックを入れる
  • Handoffをオンにする

Macの対応機種

AirPlay

  • iMac 2019年以降
  • iMac Pro 2017年
  • MacBook…2018年以降
  • MacBook Air 2018年以降
  • MacBook Pro 2018年以降
  • Mac mini 2020年以降
  • Mac Pro 2019年以降

Sidecar

  • MacBook Pro…2016年以降
  • MacBook Air…2018年以降
  • MacBook…2016年以降
  • iMac…2017年以降 (iMac 27インチ 5K 2015年後期も可能)
  • iMac Pro…全モデル
  • Mac Pro…2019年
  • Mac mini…2018年以降

iPadの対応機種

  • iPad Pro全モデル
  • iPad 第6世代以降
  • iPad mini 第5世代以降
  • iPad Air 第3世代以降

拡張ディスプレイの使い方

2つのデバイスで、それぞれ異なる作業をするときに便利な拡張ディスプレイ(個別のディスプレイ)です。スプレッドシートや画像ソフトなど、大きな画面をフルに使いながらもう一方のデバイスでゆとりある作業ができます。

  1. 「システム環境設定」→「ディスプレイ」をクリック
  2. 「ディスプレイを追加」→「ミラーリングまたは拡張」→接続したいiPadまたはMacを選ぶ
  3. 接続したデバイスを主デバイスの周辺をドラッグして配置する(後の項目「拡張ディスプレイ・ミラーリングを使うときの豆知識」参考)
  4. ウインドウの左上にある丸い緑のボタンをマウスオーバーして「〇〇に移動」をクリック、またはフルスクリーンでないウインドウの上部をドラッグして、移動先のデバイス内にはっきり表示されたらドロップする
  5. 元のデバイスへウインドウを戻すときは丸い緑のボタンをマウスオーバーして「ウインドウを〇〇に戻す」(iPad to Mac)、「〇〇に移動」(Mac to Mac)をクリック、またはドラッグ&ドロップで移動

「主ディスプレイ」で設定したデバイスに、すべてのウインドウが移動します。主ディスプレイの設定は以下の方法でサブディスプレイにも変更可能です。

  1. 「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「ディスプレイ設定」をクリック
  2. ディスプレイの形態を変更するデバイスを選択
  3. 「使用形態」→「主ディスプレイ」または「拡張ディスプレイ」を選ぶ
  4. 「完了」をクリック

Touch Bar・サイドバー・Apple Pencilの設定

iPadではTouch Barやサイドバー、Apple Pencilの表示設定ができます。

  1. 「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「ディスプレイ設定」をクリック
  2. iPadのアイコンをクリック
  3. サイドバーを表示」「Touch Barを表示」「Apple Pencilでダブルタップを有効にする」にチェックを入れる
  4. 「完了」をクリック

iPadの「サイドバーを表示」と「Touch Barを表示」は、メニューバー内の「ディスプレイ」アイコンや、「コントロールセンター」→「画面ミラーリング」からも設定できます。

サイドバーは左右、Touch Barは上下などの位置設定も可能です。

Apple Pencilのダブルタップはアプリによって制限があります。

拡張ディスプレイを終了する

拡張ディスプレイを終了する方法を、MacとiPad、共通の方法でまとめました。

Mac同士で接続した場合の画面上の解除法
ディスプレイ上の接続解除法

Macから解除する場合

  • *Macの画面左隅上にある「X」をクリック(ペアリングしているMacのマウスやトラックパッドを使う)
  • メニューバー→「画面をミラーリング」アイコン→解除するデバイスを選ぶ
  • メニューバー→「コントロールセンター」→「画面をミラーリング」→解除するデバイスを選ぶ
  • 「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「ディスプレイ設定」→解除するデバイスを選択→「接続解除」をクリック
  • 「システム環境設定」→「ディスプレイ」→解除するデバイスのディスプレイ上を右クリック→「接続解除」をクリック
  • 「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「ディスプレイを追加」→解除するデバイスをクリック

*「X」が表示されないときは、マウスを少し動かしてみてください。サブデスクトップにペアリングしているマウスやトラックパッドのポインターが表示されないときは、主ディスプレイのキーボードのキーをなんでも良いので押します。

iPadから解除する場合

  • iPadのサイドバー一番下にある四角い解除アイコン「接続解除」をタップ
  • 「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「ディスプレイ設定」→解除するデバイスを選択→「接続解除」をクリック
  • 「システム環境設定」→「ディスプレイ」→解除するデバイスのディスプレイ上を右クリック→「接続解除」をクリック
  • 「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「ディスプレイを追加」→解除するデバイスをクリック

ミラーリングの使い方

MacやiPad、またはMac同士で同じ画面をリアルタイムに作動する機能です。iPadで手元でデザインをしてMacの大きな画面で色彩や細かな部分をチェックしたり、他の人と画面共有をして相互に作業や説明などをするときに役立ちます。

デフォルトでは「個別のディスプレイとして使用」(拡張ディスプレイ)に設定されているので、ミラーリングに切り替える必要があります。

  1. 「システム環境設定」→「ディスプレイ」をクリック
  2. 「ディスプレイを追加」→「ミラーリングまたは拡張」から接続したいiPadまたはMacを選ぶ
  3. Optionキーを押しながらいずれかのデバイスディスプレイをもう一つのデバイスディスプレイの上にドラッグして重ね、ミラーリングに切り替わるまで押し続けるまたはいずれかのデバイスディスプレイを右クリック→「内蔵ディスプレイをミラーリング」をクリック(そのほかの方法は4を参照)
  4. メニューバー→「画面ミラーリング」アイコン→「内臓Retinaディスプレイをミラーリング」または「コントロールセンター」→「画面ミラーリング」→「内臓Retinaディスプレイをミラーリング」をクリックまたは「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「ディスプレイ設定」→「使用形態」→「内蔵Retinaディスプレイのミラーリング」「完了」をクリック
  5. 任意のアプリをMacやiPadから起動して作業をする

ミラーリングの設定は以下の方法でも可能です。

  • メニューバー→「画面ミラーリング」アイコン→「内臓Retinaディスプレイをミラーリング」をクリック
  • 「コントロールセンター」→「画面ミラーリング」→「内臓Retinaディスプレイをミラーリング」をクリック
  • 「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「ディスプレイ設定」→「使用形態」→「内蔵Retinaディスプレイのミラーリング」「完了」をクリック

iPadとミラーリングをする場合、Macのウインドウが拡大されます。通常サイズに戻すときは、以下の方法で行います。

  1. 「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「ディスプレイ設定」をクリック
  2. Macを選択
  3. 「解像度の設定」→Macを選択
  4. 「完了」をクリック

ミラーリングを終了する

ミラーリングの終了は以下のいずれかの方法で行います。

  • (iPadのみ)iPadのサイドバー一番下にある四角い解除アイコンをタップ「接続解除」をタップ
  • メニューバー→「画面ミラーリング」アイコン→解除するデバイスをクリック
  • メニューバ→「コントロールセンター」→「画面ミラーリング」→解除するデバイスをクリック
  • 「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「ディスプレイ設定」→「使用形態」→「ミラーリングを停止」をクリック
  • 「システム環境設定」→「ディスプレイ」→Optionキーを押しながら重なっているデバイスをドラッグして離す→拡張ディスプレイになったらOptionキーを放す
  • 「システム環境設定」→「ディスプレイ」→iPadまたはMacのディスプレイを右クリック→「ミラーリングを停止」または「接続解除」をクリック

ディスプレイをドラッグして解除する場合は、配置しているデバイスの位置に添いながら行いましょう。

サイドバーとTouch Barについて

iPadに表示されるサイドバーは、キーボードやメニューバーなどの表示の使いやすさを高めた機能です。⌘(コマンド)などのMacのキーボードにある修飾キーは、ダブルタップでロックできます。

Touch Barは、アプリごとに異なるパネルが画面下に表示されます。

メニューバーの表示や非表示は、フルスクリーンでメニューバーが隠れてしまうときに使います。DockはiPad内で表示されます。

拡張ディスプレイやミラーリングで使えない機能

拡張ディスプレイやミラーリングは便利な機能ですが、できない内容がいくつかあります。

ファイル類のドラッグ&ドロップ

拡張ディスプレイではMacのデスクトップ上にあるファイルやフォルダ、スクリーンショットなどを直接iPadや別のMacに移動ができず、一度ファイルを開く必要があります。スクリーンショットは同じウインドウで複数プレビューで開いていると移動できないので、一つずつ開いて移動しましょう。

ウインドウをMac同士およびMacとiPadで交互にドラッグ&ドロップをするときは、移動する側または受け入れる側のウインドウのフルスクリーンを解除してから行います。

iPadのキーボードの日本語切り替え

iPadのオンスクリーンキーボードはローマ字表記のみで、日本語の変換ができません。日本語の入力をするときは、Macのキーボードを使いましょう。

Apple Pencilのスクロール

iPadの通常機能はApple Pencilでスクロールができますが、拡張ディスプレイやミラーリングでは2本指のスクロールかマウス、トラックパッドで行います。

拡張ディスプレイ・ミラーリングを使うときの豆知識

MacとiPad、またはMac同士で拡張ディスプレイやミラーリングをするときのポイントをまとめました。Sidecarとほとんど同じです。

Apple Pencilのダブルタップ機能は第2世代のみ

「Apple Pencilでダブルタップを有効にする」は、第1世代に対応していません。これからApple Pencilを購入する方や第1世代を使っている方で、この機能が必要な場合は第2世代を用意しましょう。

スピーカーについて

音声は常にMacから聞こえますが、以下の方法で出力先を変更できます。

  1. 「コントロールセンター」→「サウンド」をクリック
  2. 「出力」→使いたいスピーカーをクリック

状況に合わせてAirPodsを使って作業できます。

スクリーンショットはメインのデバイスに表示

スクリーンショットは、メインのデバイス内にプレビューで表示されます。Macで撮影しても、iPadが主体のときはiPadに表示されます。

キーボード、マウス、トラックパッドは設定したMacで機能

メインデバイスの設定に関係なく、拡張ディスプレイやミラーリングでは、「ディスプレイ」から設定したMacとペアリングしているキーボード、マウス、トラックパッドが使えます。(Macの画面上の「X」終了を除く)

移動は緑ボタンがおすすめ

Macから別のMacやiPadへ移動するときの画面
iPadからMacへ戻すときの画面

ウインドウなどを移動するときは、ウインドウ左上にある緑のボタンからコマンドした方がMacやiPadの画面サイズに合わせて自動に調整して移動できます。あとで大きさを整える必要がなく、作業の効率も上がるのでおすすめです。

iPadのディスプレイ表示時間はMacによる

iPadの画面表示時間はMacで設定したディスプレイの表示時間で決まります。Macで15分に設定した場合、15分後に2つのデバイスがスリープ状態になります。設定方法は「システム環境設定」→「省エネルギー」→「ディスプレイをオフにするまでの時間」から可能です。

まだ起動しているときに使わないときは、Macを手動でスリープしてバッテリーを節約するのもおすすめです。Macを起動すればiPadが自動的にスリープ解除され、再設定なしにデバイスが接続されます。

iMac同士では省エネ時間に関係なく接続されます。

iPadの通常モードに切り替え可能

接続中にiPadの画面下を上にスワイプして、ロック解除をすることで通常の機能を使うことができます。この場合は接続が一旦中断されてしまうので、iPadからSidecarアイコンをタップして再接続してください。

スクロールは2本指で行う

iPadのスクロールはトラックパッドのように2本指で行います。そのほか基本的なハンドジェスチャーを表にまとめました。

操作ジェスチャー
スクロール1本指(通常)/2本指(Sidecar)
縮小2本指でピンチイン
拡大2本指でピンチアウト
やり直す3本指で右にスワイプ
取り消す3本指で左にスワイプ
コピー3本指でピンチイン
ペースト3本指でピンチアウト

ディスプレイの配置

デバイスをドラッグしながら左右上下細かく設定でき、角斜めに配置しても機能します。キーボードやマウスが互いのデバイスで接続できないときは、ディスプレイの位置をチェックしましょう。

ミラーリングでは配置の設定がなく、自由な位置でキーボード類が使えます。

まとめ

macOS MontereyのSidecarでは、Mac同士でも使えるメリットが増えました。さらに画面スペースがグッと広がり、複数のウインドウを大きく開いて作業をするときもやりやすいです。作業に合わせてiPadやMacを連携しながら、快適な拡張やミラーリングをしましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑