【Mac】画面や表示内容を拡大/縮小する6つの方法|見やすい大きさで快適に作業をしよう

Macの画面やテキストなどの表示は拡大や縮小でサイズ変更ができます。デスクトップに複数のアプリやウインドウを開いているときや、表計算、Keynoteのスライド作成なども適切な大きさで作業ができます。

設定や操作の方法はいろいろあり、中でもMacの画面表示を大きく小さくするおすすめの方法を6つご紹介します。

ディスプレイの解像度で拡大/縮小する

Macのディスプレイの解像度を変更して、画面拡大縮小をします。

  1. 「システム環境設定」→「ディスプレイ」をクリック
  2. 「サイズ調整」をクリック
  3. サイズ(解像度)を選択する
  4. 「完了」をクリック

選択した解像度と同時に表示サイズも変更されます。

デフォルトから左へ行くほど解像度が小さくなると同時に表示内容が大きくなり、右へ行くほど解像度が大きくなり内容が小さく表示されます。

文字が拡大されると見やすくなりますが、メニューバーの日付が省略されたり、デスクトップのアイコンの1列の数が少なくなったりします。

文字を縮小するとより多くの情報を表示できるので、Split Viewやステージマネージャー(秋に予定)などで複数のウインドウを同じ画面で起動している場合におすすめです。

元のサイズに戻すときは「デフォルト」→「完了」をクリックしてください。

ショートカットキーで拡大/縮小する

ショートカットキーではキーを組み合わせることで、画面や表示内容のサイズを変更できます。キーの組み合わせはアプリによって異なり、一例をご紹介します。

Safari/Chrome/カレンダー/マップ/プレビュー

  1. SafariやChrome、カレンダー、マップ、プレビューなどを起動する
  2. コマンドキー+「+」で拡大、またはコマンドキー+ 「-」で縮小する

コマンドキーを押したまま「+」または「-」を押すたびに、それぞれ拡大や縮小ができます。

Chromeではアドレスバー内の虫眼鏡アイコンをクリック→「+/-」からも調整が可能です。

マップでは画面右下の「ー/+」をクリックでもOKです。メニューバー「環境設定」→「一般」→「ズームコントロールを常に表示」にチェックを入れてください。

元(実際)のサイズに戻すときは、コマンドキー+「0」をクリックしてください(Safari/Chrome/マップ/プレビュー)。

Pages/Keynote/Numbers

  1. Pages、Keynote、Numbersのいずれかを起動する
  2. メニューバー「ファイル」→「開く」または「最近使った項目を開く」からファイルを選ぶ、または「新規書類」でテーマを選択して作る
  3. シフトキー+コマンドキー+「 : 」で拡大、シフトキー+コマンドキー+「 ; 」で縮小をする

PagesやNumbersの倍率はメニューバー「Pages」/「Numbers」→「環境設定」→「一般」→「デフォルトの拡大/縮小率」で調整できます。

Keynoteでは同じファイル内のスライドに大きさが同期され、一定した大きさで作業が可能です。

Numbersではシフトキー+コマンドキー+「0」を押すと、選択した箇所の範囲で拡大ができます。

元(実際)のサイズに戻すときは、コマンドキー+「0」(Pages/Numbers)、オプションキー+コマンドキー+「0」(Keynote)を押してください。

メモ

  1. メモを起動する
  2. 任意のメモをサイドバーから選んでダブルクリックして開く
  3. シフトキー+コマンドキー+「 . 」で拡大、シフトキー+コマンドキー+「 , 」で縮小する

元(実際)のサイズに戻すときは、シフトキー+コマンドキー+「0」をクリックします。

メニューバーから拡大/縮小する

メニューバーから拡大や縮小ができるアプリは、Safari、Chrome、メモ、Keynoteなどさまざまなアプリで可能です。

Chromeの拡大/縮小表示
  1. 各アプリのメニューバー「表示」をクリック
  2. (アプリに応じて)「拡大/縮小」→「拡大」または「縮小」をクリックしてサイズを調整する

「拡大」や「縮小」の右にあるショートカットキーでも変更可能です。とりわけメニューバーを非表示にしているときに、ポインターでメニューバーを表示→「表示」からクリックする必要がないメリットがあります。

可能なアプリの場合元(実際)のサイズに戻すときは、メニューバー「表示」→(アプリに応じて)「拡大/縮小」→「実際のサイズ」(Keynoteは「スライドに合わせる」)をクリックしてください。

ズーム機能で拡大/縮小する

アクセシビリティで利用できるズーム機能では、独自のショートカットキーやマウス、トラックパッドとの組み合わせで拡大や縮小ができます。

  1. 「システム環境設定」「アクセシビリティ」をクリック
  2. 「ズーム機能」をクリック
  3. 「キーボードショートカットを使ってズーム」または「スクロールジェスチャと修飾キーを使ってズーム」にチェックを入れる(両方も可)
  4. 必要に応じて「ポイントしたテキストの拡大を有効にする」にチェックを入れる

それぞれの使い方は下記を参考にしてください。

「キーボードショートカットを使ってズーム」について

「キーボードショートカットを使ってズーム」では、以下のショートカットキーで操作が可能です。

  • 「ズーム機能のオン/オフ」…オプションキー+コマンドキー+「8」
  • 「拡大」…オプションキー+コマンドキー+「=」
  • 「縮小」…オプションキー+コマンドキー+「-」

「ズーム機能のオン/オフ」のショートカットキーを押すと、サイズを元に戻すことができます(限界まで「縮小」のキーを押しても可)。もう一度押すと、直前のサイズが表示されます。

「キーボードショートカットを使ってズーム」は、「システム環境設定」→「キーボード」→「ショートカット」→「アクセシビリティ」→「ズーム機能」でもオンにできます。

いずれかの方法で有効にすれば、もう一方の環境設定でもオンになります。

「スクロールジェスチャと修飾キーを使ってズーム」について

スクロールして拡大縮小する組み合わせの修飾キーとズームの方法を選択します。

  1. 「スクロールジェスチャと修飾キーを使ってズーム」にチェックを入れる
  2. 「Control」「Option」「Control」から使いたいキーを選ぶ
  3. 2で選んだキーを押しながら、マウスやトラックパッドでスクロールをする

前方にスクロールをすると拡大し、後方にスクロールすると縮小します。元のサイズに戻すときは、これ以上縮小できなくなるまで後方にスクロールをしてください。

「ズーム方法」の設定

修飾キーを選択したら、「ズーム方法」を選びましょう。ポインターの動きはカスタマイズが可能です。

ズーム方法と詳細ボタンの画面
「分割した画面に表示」
「ピクチャ・イン・ピクチャ」
  • 「フルスクリーン」…画面全体でズームをする
  • 「分割した画面に表示」…画面上部1/3の部分に拡大表示
  • 「ピクチャ・イン・ピクチャ」…ピクチャインピクチャで部分ごとに拡大

「分割した画面に表示」では、選択したキーとマウスやトラックパッドで画面を前方にスクロールすると、画面が上部1/3、下部2/3で分割されます。前後スクロールで拡大や縮小が可能です。

「ピクチャ・イン・ピクチャ」は、選択したキーで画面を前方にスクロールすると、ピクチャ・イン・ピクチャのような小さなウインドウが表示されます。四角い拡大鏡みたいなもので、前後スクロールで部分的に表示の拡大や縮小をしたいときにおすすめです。ウインドウはポインターに合わせて移動が可能です。

いずれの方法も、すべてのデスクトップで大きさや機能が同期します。一度機能すれば、サイズを変更しない限りキーを放してもOKです。

ポインターの作動をカスタマイズ

ポインターは「詳細」→「外観」をクリックすると動きのカスタマイズができます。選択したズーム法によって機能が異なります。

  • 「ポインタと一緒に連続的に移動」(フルスクリーン/分割画面)…ポインターの動きに合わせて表示内容も移動
  • 「ポインタが画面の端に到達したときのみ移動」(分割画面/ピクチャ・イン・ピクチャ)…ポインターが画面の四辺に触れたときに表示内容がスクロール
  • 「ポインタが拡大縮小されたイメージの中央付近にあるようにする」(分割画面/ピクチャ・イン・ピクチャ)…ポインタが常に画面の中央に配置

それぞれ選択した後に「OK」をクリックしてください。

元のサイズや表示に戻すときは、設定したキーを押しながら後方に最大限までスクロールします。

「ポイントしたテキストの拡大を有効にする」について

「ズーム方法」にポインターをあてズームされたテキスト

コマンドキーを押しながら、テキストやアプリ内の項目、アイコン、ファイル(タイトルが表示)などにポインターをあてるとその部分を拡大できます。

全体的に小さなテキストだけでなく、大小サイズの異なるテキストがある場合にもおすすめです。

大きさの調整は「オプション」をクリック→テキストサイズ(14pt〜128pt)でカスタマイズできます。その他フォントの種類、デフォルトの「Command」キーを「Control」や「Option」に変更可能です。設定の変更後は「完了」をクリックしてください。

キーを放すと解除されます。

マウス・トラックパッドで拡大/縮小する

マウスやトラックパッドの設定で行う操作はシンプルです。トラックパッドではいくつかの方法が選択できます。

マウス

  1. 「システム環境設定」→「マウス」をクリック
  2. 「ポイントとクリック」をクリック
  3. 「スマートズーム」にチェックを入れる
  4. WebページやPDFを1本指でダブルタップをして拡大や縮小をする

マウスの設定内では、トラックパッド同様サイズ変更ができる内容は制限されます。

トラックパッド

  1. 「システム環境設定」→「トラックパッド」をクリック
  2. 「ポイントとクリック」をクリック
  3. 「スマートズーム」にチェックを入れる
  4. WebページやPDFを2本指でダブルタップをして拡大や縮小をする

2本指のピンチアウト(拡大)、ピンチイン(縮小)では、調整できるサイズの範囲が広くなります。ピンチのジェスチャー機能は「システム環境設定」→「トラックパッド」→「スクロールとズーム」→「拡大/縮小」にチェックを入れて有効にできます。

「ズーム機能」でも設定ができます。「システム環境設定」→「アクセシビリティ」→「ズーム機能」→「詳細」→「コントロール」→「トラックパッドのジェスチャを使って拡大縮小」にチェックを入れる→「OK」をクリックし、3本指でダブルタップしてください。

Safariやメモを環境設定で拡大/縮小する

Safariやメモは、環境設定でテキストの拡大や縮小が可能です。

Safari

Safariで起動しているWebサイトを拡大縮小することができます。

  1. Safariを起動する
  2. メニューバー「環境設定」をクリック
  3. 「Webサイト」をクリック
  4. 「ページの拡大/縮小」をクリック
  5. 「現在開いているWebサイト」のリスト内から拡大や縮小をしたいWebサイトの倍率を調整する

Webサイトが指定した倍率で拡大縮小されます。ショートカットキーやメニューバーなどからも引き続き変更が可能です。

リスト以外のWebサイトの拡大縮小倍率は、「これ以外のWebサイトでのデフォルト設定」で変更してください。

メモ

メモアプリのテキストのサイズを拡大縮小します。

  1. メモアプリを起動する
  2. メニューバー「メモ」をクリック「環境設定」をクリック、またはコマンドキー+「 , 」
  3. 「デフォルトのテキストサイズ」のスライダーをドラッグしたり、目盛りをクリックしながらテキストの大きさを調整する

5段階で拡大と縮小の調整ができます。

サイズ変更はメモごとに有効で、一度閉じると変更したメモのテキストも元のサイズに戻ります。

まとめ

Macの画面やテキストなどを拡大縮小で調整すれば、さまざまなアプリが使いやすくなります。やりやすい方法を選んで、作業にベストなサイズで表示してください。

ページ先頭へ ↑