12インチMacBookが発売されるなら2023年後半以降?ポータブル性が向上しそうなモデル

2023年後半〜2024年初頭の発売が噂される12インチMacBook。Appleシリコンで一新する場合、従来モデルより性能が大きく向上することが予想されます。

復活や発売に疑問も持たれる中で12インチMacBookはアップデートするのか、これまでの情報をもとに状況をお伝えします。

12インチMacBookの発売日

Bloombergのマーク・ガーマン氏は、Appleが12インチMacBookの開発に着手し、2023年後半または2024年初頭に再来すると予想していました。一方、ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏は13インチ以下のサイズの開発に疑問を示し、もはや12インチモデルは販売戦略の対象でないと考えていたものです。

最近のマーク・ガーマン氏のレポートでは、ロス・ヤング氏の予想に歩み寄る内容が伺われ、12インチMacBookは近年中に発売されないことを述べています。

2015年にデビューした12インチMacBook。2016年と2017年のアップデート後は、2018年にローズゴールドを廃止した3つのカラーに変更した程度で新型の登場はありません。以来デバイスへの復活の可能性は薄らぎ、今後も発売の目処がなく待機することになりそうです。

12インチMacBookの性能

12インチMacBookの開発が進行する場合、2017年モデルのIntelプロセッサからAppleシリコンへと飛躍した性能が期待されます。最大512GBのストレージの増量や、480pのカメラも720pまたは1080pヘのアップデートが必要になるでしょう。

1つのUSB-C(USB3)のポートについては、新型とはいえサイズが同じとなると増量はないかもしれません。可能であってもMacBook Airの2つのThunderbolt/USB4を超えることはなく、せめて同等以上のポートが望ましいところです。

12インチMacBookがどのレベルになるか明らかではありませんが、サイズやポート数の限度を考えるとスタンダードな性能になるかもしれません。

過去にツイーターのMajin Bu氏は、M2 ProとM2 Maxチップの搭載を予想していました。M2 ProとM2 Maxは、2023年春に期待されている新型14/16インチMacBook Proと同じチップ。今やこのチップの搭載は実現しないとしても、低い再来の可能性からの12インチの復活はすべてのレベルにおいて脚光を浴びるでしょう。

12インチMacBookの利便性

12インチMacBookが2019年に廃止された以降はMacBook Airが埋め合わせをしており、Bloombergによると2023年の春以降には15インチMacBook Airの発売も期待されているようです。

仮に発売される場合、13.6インチや15インチへとディスプレイの拡大傾向がある中、最小の12インチMacBookの発売は大きなインパクトを与えるでしょう。

MacBookシリーズ内だけでなく、12.9インチiPad Proより小さなデバイスになります。従来のように1kg以下(従来モデルは0.92kg)を維持すれば、キーボード付きのiPad Proよりも軽量。持ち運びに優れたミニパソコンは、一つ持っていて損はないデバイスです。

理想にもプロ向けのAppleシリコンで更新するなら、14/16インチMacBook Proユーザーにもサブデバイスとして併用したくなるモデルになりそうです。

まとめ

新型12インチMacBookは現時点で発売の兆候がない状況ですが、将来的に復活することを期待したいものです。ディスプレイの拡大傾向である中、強みとなる高いポータブル性をアピールしながらアップデートできるでしょう。

ページ先頭へ ↑