iPadが16インチのビッグサイズで2023年に発売!?Proになる可能性はあるか

16インチのiPadが2023年第4四半期に発売されるという噂が浮上しています。16インチMacBook Proに対等するディスプレイサイズになるようで、マルチタスキングやデザインなどゆとりを持った画面スペースで作業ができそうです。

これまでにない大きなサイズで、iPadの使い道もますます広がるでしょう。これまでの情報から、予想される16インチiPadのポイントや発売日をまとめました。

iPad至上最大のディスプレイ

Appleは2023年10月〜12月の発売に向けて、16インチiPadの開発に取り組んでいるとアメリカの情報サイトThe Informationがレポートしています。

12.9インチiPad Proより3.1インチ大きいサイズで、iPadのディスプレイサイズが2015年以来8年ぶりに拡大されることになります。

過去にディスプレイアナリストのロス・ヤング氏は、同年に14インチiPad Proが登場するとすでに言及。実際のところ、両方のサイズともどのシリーズに属するかは明確ではありませんが、14インチにミニLEDディスプレイが予想されているという点では、16インチも同じ性能を持つProになる可能性が十分あるでしょう。

どちらが発売されるのか、両方とも同時発売されるのか情報が入り混じっていますが、仮に2つのサイズがProシリーズで登場する場合、ミニLEDと120Hzのリフレッシュレート搭載の14/16インチMacBook Proのパターンになります。

もっとも次期モデルのターゲットは、画面の広さを多く必要とするユーザーをメインにしているよう。ディスプレイのクオリティやシリーズよりも、広いサイズを必要とするSplit ViewやSlide Over、ステージマネージャなどのマルチタスキング、デザイン、イラストなどにうってつけのサイズになるでしょう。

16インチiPadの発売日

仮に16インチiPadがProシリーズで2023年の第4四半期に発売される場合、2022年に発表されたM2モデルから早くて約1年後の発売になります。

2020年〜2022年の歴代iPad Proの発売サイクルは、14ヶ月、17ヶ月間と一年以上の期間があり、次期モデルは早めの発売日になるでしょう。

M2モデルは顕著なアップデートがなかった分、ビッグサイズのiPad Proはさらなる注目の的になることが予想されます。

14インチに関してはロス・ヤング氏が2023年初頭を予想しています。2022年10月下旬に発売されたM2モデルやiPad第10世代から間もないタイミングを考えると、16インチのように10月〜12月にずれ込む可能性もあるでしょう。

まとめ

性能やOSの発展に対し、遅れをとっていたディスプレイサイズの更新。2023年のiPadでようやく一新できそうです。ノートのように大きな画面で、画面いっぱいに伸び伸びと使えるでしょう。発売はまだ先ですが、今から検討しておく価値がありそうです。

ページ先頭へ ↑