AppleのMシリーズチップ一覧表|性能スペック・搭載モデル・選び方まとめ

AppleシリコンのMシリーズチップが充実してきたところで、M1とM2の全チップの性能や搭載モデルを一覧表にまとめました。

Apple独自のプロセッサは優れた性能だけでなく、ニーズに応じたチップを幅広く選べるのも魅力。性能や選び方を参考に、Mシリーズチップで快適な作業をしてください。

Mシリーズチップの特徴

ARMアーキテクチャで作られたAppleシリコンのMシリーズは、MacとiPad Proに搭載されているチップです。2020年11月にM1チップが発表され、2022年夏にはM2が登場。2023年後期には期待されるM3へと展開を続けながら、パワフルなパフォーマンスを提供しています。

MシリーズはM1、M2、M1 Pro、M2 Pro、M1 Max、M2 Max、M1 Ultraへと性能レベルに従ってダイがスケールアップしているのも特徴。それぞれに結合されたユニファイドメモリや広い帯域幅により、高速なデータ転送を実現しています。

今までにない高い性能と電力の効率化を可能にするMシリーズは、まさにパワーを必要とするMacやiPad Proに捧げた最先端のSoCです。

Mシリーズチップ一覧表

これまでに発表された、AppleシリコンのMシリーズチップの性能スペックを表にまとめました。

M1M2M1 ProM2 ProM1 MaxM2 MaxM1 Ultra
発表年月2020年11月2022年6月2021年10月2023年2月2021年10月2023年2月2022年3月
CPU8コア8コア8/10コア10/12コア10コア12コア20コア
GPU7/8コア8/10コア(iPad Pro:10コア)14/16コア16/19コア24/32コア30/38コア48/64コア
ニューラルエンジン・16コア
・11兆回/秒
・16コア
・15兆8千億回/秒
・16コア
・11兆回/秒
・16コア
・15.8兆回/秒
・16コア
・11兆回/秒
・16コア
・15.8兆回/秒
・32コア
・22兆回/秒
メディアエンジン・ハードウェアアクセラレーテッドH.264、HEVC、ProRes、ProRes RAW
・ビデオデコードエンジン
・ビデオエンコードエンジン
・ProResエンコード/デコードエンジン
M2と同じM2と同じ・ビデオエンコードエンジンx2
・ProResエンコード/デコードエンジンx2
(上記以外M2と同じ)
M1 Maxと同じ・ビデオデコードエンジンx2
・ビデオエンコードエンジンx4
・ProResエンコード/デコードエンジンx4(上記以外M2と同じ)
メモリ8/16GB8/16/24GB(iPad Pro:8/16GB)16/32/GB16/32GB32/64GB32/64/*96GB64/128GB
メモリ帯域幅M2より50%低100GB/秒200GB/秒200GB/秒400GB/秒400GB/秒800GB/秒
ノード5nm第2世代5nm5nm第2世代5nm5nm第2世代5nm5nm
ダイの数1111112
トランジスタ160億個200億個337億個400億個570億個670億個1,140億個
搭載モデル・24インチiMac
・Mac mini(2020)
・13.3インチMacBook Air
・iPad Air(2022)
・iPad Pro(2021)
・13.6インチMacBook Air
・13インチMacBook Pro
・Mac mini(2023)
・iPad Pro(2022)

14/16インチMacBook Pro(2021)
・Mac mini(2023)
・14/16インチMacBook Pro(2023)
・14/16インチMacBook Pro(2021)
・Mac Studio
14/16インチMacBook Pro(2023)Mac Studio
*M2 Maxのメモリ96GBは、38コアGPUのカスタマイズで可能

基本的に5nmチップを搭載していますが、唯一2つのダイ(2つのM1 Max)で構成されたM1 Ultraはもっともパワフルです。2022年の誕生以来、依然として高い性能を誇っています。

最新のM2 ProとM2 Maxでは、GPUやニューラルエンジンの性能を高め、並列処理を強化しました。高速にグラフィックスを表示し、M2 Maxでは最大10本の8Kストリームを再生可能です。

チップのレベルは、M1→スタンダード、M2→セミプロ、M1 Pro、M2 Pro→プロ3級、M1 Max、M2 Max→プロ2級、M1 Ultra→プロ1級で判断できます。

将来的なMシリーズチップとデバイスについて

M2 ProとM2 Maxが登場してから、Mシリーズチップがさらにパワーアップしました。Appleシリコンの進化はスピーディーで、2023年末以降にはM3チップのMac、2024年にはM3 ProやM3 Maxの14/16インチMacBook Proなども噂にあり、M3 MaxはM1 Ultra以上になるとも言われています。

身近なデバイスでは、第1四半期にIntelプロセッサのMac Proが更新されそうです。Mac Proには2つのM2 MaxをドッキングしたM2 Ultraの搭載が予想され、現時点では4つのM2 Maxで構成されたハイエンドチップM2 Extremeはキャンセルされています。

MacBook AirやiPadではサイズの拡大傾向にあり、MacBook Airでは15.5インチ、iPadでは16インチなどの情報もあるようです。チップの性能が上がるにつれて多くの作業ができ、ディスプレイもそれなりのサイズが必要になることが伺われます。

チップで選ぶかデバイスで選ぶか

現在MシリーズにはM1からM1 Ultraまで7つのチップがあり、チップによって利用できるデバイスが異なります。デバイスを優先するなら、チップ選びが制限されるのも悩みのポイント。

M1 ProとM2 Proの14/16インチMacBook Proの性能は大きな差がなく、今や前身モデルとなったM1 Proは価格的にも狙い目のデバイスでしょう。

Mac StudioやMac miniを初めて購入する場合は、ディスプレイも一緒に検討する必要があるでしょう。2022年に発売された27インチ5K Studio Displayとのコンビネーションは、デスクトップの性能を高めてくれそうです。今年第1四半期にはミニLEDやProMotionを搭載するというProモデルの発表が期待されています。

Mチップは、iPad ProとiPad Airにも搭載されています。徐々にiPadにもMシリーズが浸透していくようですが、OSが異なるので同じMチップのMacとは使い道が異なるでしょう。この点に関してはデバイスを先に検討した方が良さそうです。

まとめ

AppleシリコンのMシリーズは、急速にチップバリエーションを発表しています。性能のレベルごとに開発されているので、ユーザーのニーズに応じて利用できるチップ。将来的な新チップも、どのくらい性能を発揮できるか期待がかかります。

ページ先頭へ ↑