iPhone 15はノッチ廃止!?フルスクリーンデザイン到来か

iPhoneのノッチが、2023年発売予定のiPhone 15の全モデルで廃止されると噂されています。2つの小さなホールになることが予想され、広々とした画面でビジュアルが楽しめるでしょう。

ノッチが消えると同時に、カメラのクオリティが改善されることも期待されています。果たしてどんなノッチフリーのiPhoneが販売される予定なのかチェックしましょう。

iPhoneのノッチとは

ノッチとはどんなものなのか、ここに主な特徴をまとめました。

インカメラを格納する場所

iPhone X以降のモデルを使っている方はすでにおなじみのノッチ。ノッチとは”切れ込み”という意味で、iPhoneの上部にある黒い切り込んだような部分に、Face IDに使うTrue Depthカメラやスピーカー、近接センサーなどがあります。

できるだけ広い画面スペースを保持しながらも、インカメラを格納する場所として開発されたもので、2017年に誕生して以来Appleをはじめ他メーカーのスマホがどんどん採用するようになりました。

ノッチにはさまざまなデザインがある

ノッチのデザインはメーカーによって異なり、「水滴型」や「パンチホール」など小ぶりのノッチがあります。Appleが現状の長細いノッチに固守しているのに対し、Androidの縮小されたノッチは大きなイノベーションでした。

iPhoneのノッチもiPhone 11から縮小されつつあり、Appleはいずれは廃止することをすでに考えていたかもしれません。その結果として、ゆっくりしたペースではありますが、ようやくiPhone 15で実現できそうです。

ベゼルが一部残った状態

ノッチが誕生したのは、ベゼルを削除してできるだけ広い画面で使うという目的がありました。しかしベゼルは消えたものの、カメラなどを置く場所が必要に。

そこでノッチを作り、その中にひとまとめにすることでカメラなどの機能は解決しましたが、結局はベゼルの一部が残ってしまったデザインになってしまいました。

iPhoneユーザーは妥協しながらもノッチに次第になじんでいきましたが、新型が登場するたびにノッチが消えるのを期待した方は数知れなかったことでしょう。

iPhone15のノッチが消える噂が浮上

ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏によると、パンチホールと横楕円形のピル型(カプセル型)の2つのホールを全モデルのiPhone 15に採用することを伝えています。

iPhone 14ではProシリーズ限定のスペックのようですが、ようやくノッチなしのデザインがiPhone 15シリーズで実現できそうです。

ノッチに関してはAndroidに先を越されていたものの、Appleがようやく全モデルでノッチ廃止に踏み切ったことは多くのiPhoneユーザーが待ち望んでいたことは言うまでもありません。アプリでノッチを隠す必要もなく、次第にフルスクリーンに近づく兆候がようやく見えてきました。

長い年月にわたってiPhoneはノッチを搭載していますが、ノッチがなくなることで大きな反響を世界中に呼び起こすことは間違いないでしょう。

iPhone 15に予想されるカメラの機能

iPhone 15に噂される、カメラの配置や機能をチェックしましょう。

ペリスコープカメラレンズで高倍率ズームアップ

最大5倍の光学ズームで被写体を拡大できるペリスコープカメラが、iPhone 15 Proシリーズに採用されることをミンチー・クオ氏は予想しています。

ペリスコープカメラレンズのメリットはズームだけでなく、カメラレンズの厚みを抑えることが可能。横から見てもあまり出っ張りが目立たないフラットなスタイルに近づけるでしょう。

48MPセンサーで8Kのビデオ撮影にも対応

メインカメラは48MPになり、8Kのビデオ撮影にも対応するようです。より鮮明でリアルな画像や動画が画面に映し出され、プロ並みのメディアの編集がiPhone一つでできるようになるでしょう。

光感度も向上するので、暗がりやモヤなど視界が良くない場所でもクリアな仕上がりが期待できます。

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxにも48MPを搭載するという、ミンチー・クオ氏による情報もあり、iPhone 15とどちらが先に高解像度なカメラを利用できるか見どころです。

画面可動式でカメラの表示/非表示が可能

Appleは画面の可動調整により、カメラを表示/非表示するデバイス(iPhone)という特許を米特許商標庁から得ました。

可動式というのは画面を動かすことで、画面下のカメラを表示させ、使わないときは非表示にするシステムです。フレキシブル画面で折り曲げられるタイプ、またはガラケーのような開閉タイプ、画面全体を下にスライドするアイデアも。

最近のリークによると、パンチポールとピル型のホールの中にカメラを配置するアイデアが有力で、可動式の可能性は低くなっています。

Appleがすぐにノッチを廃止しなかった理由

Androidと比べてiPhoneのノッチ廃止にかなり時間がかかっています。なぜAppleはすぐにノッチを廃止しなかったのか、いくつかの理由を推測しました。

60%の完成度で販売する戦略

iPhoneが新登場するたびに購入者は完璧なiPhoneを期待しますが、Appleは常に60%の完成度で販売するというビジネス販売戦略があります。

このことがノッチの廃止にジリジリ時間をかけている原因の一つとなりうるものです。iPhoneだけでなくMacやiPadに関しても、妥協する点があるのはそのためです。

100%完璧にするよりも、あえて次回に改善する部分をいくつか残すことで、常に世の中をアッとさせる→購買意欲を掻き立てるという好循環が生まれるのは確か。

実際にiPhoneの前後モデルはそれほど差がなく、とりわけわずかな違いを求めたり、常に新しいiPhoneを使いたい購入者をターゲットにした戦略と言えるでしょう。

Androidとの競争を避けるため

ノッチをこれほど遅れて廃止することにたどり着いた理由には、フルスクリーンや小型のノッチを搭載したAndroidとの競争を避けたかったことも考えられます。むしろ機能面で優れた部分を売りに出しながら、水面下でノッチを徐々に変更しているのはAppleらしいやり方です。

iPhoneのノッチが廃止される予定の2023年には、ライバルのいない、真新しいデザインのiPhoneとして堂々と登場することでしょう。今やAndroidではフルスクリーンや雫型のノッチがあたり前のようになっている中、ようやく初のiPhoneのフルスクリーンモデルが誕生するのは、新たなインパクトを与えることに間違いないでしょう。

Androidにとっては人気をひっくり返された状況になり、iPhoneに勝利のチャンスを与えてしまった感覚に。もちろんAppleは現状のノッチを採用してきた中でもAndroidに決して負けたということはなく、常にスマホのシンボルとして第一線を走ってきたことは変わりないです。

TrueDepthカメラを画面下に配置するのに時間を要した

Androidのスマホにはすでにフルスクリーンのモデルがありますが、Face IDのTrueDepthカメラを画面下に搭載したスマホを開発するのは容易なことではありませんでした。

Androidとカメラのクオリティの差をつけるためにも、ノッチを消すフルスクリーンでしかも画面下にTrueDepthカメラが使えるiPhoneを開発するには、Appleにとって多くの時間が必要だったことが想像できます。

いくつもの試行錯誤を繰り返した結果、TrueDepthカメラの配置を画面下に配置できる素晴らしいアイデアが生まれたのでしょう。

iPhoneのノッチが消えるメリット

ノッチがiPhone 15で消えると、いろいろなメリットが実感できます。まるでiPhoneが生まれ変わったかのように快適さが倍増するでしょう。

ノッチなしのスクリーンショットが撮れる

画面に食い込んでいたノッチなしのスクリーンショットが撮れます。後でノッチの部分を切り取る必要がありません。

マップの上部がノッチでぼやけることもなく、クリアなフルスクリーンショットが撮れるのは嬉しいポイントです。

画面が見やすくなる

iPhoneのノッチは画面の大きさに対してわずかですが、ノッチがなくなると画面がワイドになります。画像や動画が隅々まで見えるので、お好みの写真やビデオも快適に。

ノッチによって画面が狭くなることがなく、テレビやパソコンのようにフルスクリーンで楽しめます。

カメラが汚れにくい

パンチホールのカメラが実現すれば、フロントカメラの汚れがほとんどなくなります。スマホの画面下に搭載されることでダメージも受けにくいのもメリット。

ノッチだけでなくカメラが常に見えている状態が気になっていた悩みもなくなります。

よりスタイリッシュなデザインになる

初めてノッチが登場したときに、デザインが気になった方も多いことと思います。ノッチがなくなるだけでモダンでスタイリッシュなスタイルに。さらにiPhoneが持つ高画質な画面をより美しく感じるでしょう。

まとめ

iPhone15のノッチが本当に廃止されるのならば、さらにiPhoneが使いやすくなるはず。高いカメラパフォーマンスも期待しながら、iPhone 15にどのような変化が起こるのか楽しみです。これからiPhoneを購入するなら、将来的にノッチがなくなることも検討するポイントになるでしょう。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑