iPad Proを買って後悔した8つのポイント!本当に購入する価値がある?

発売以来ほぼ毎年のようにモデルチェンジをしているiPad Proは、パフォーマンスやグラフィックスなどが常にグレードアップ。MacBookと比較されるほど高性能なデバイスとして一度は購入を考えた方もいるのではないでしょうか。

一方で、iPad Proは仕事には物足りなく、プライベートで使うには持て余してしまうデバイスでもあります。そこでiPad Proを購入してどのような点で後悔したのか、8つのポイントでチェックしましょう。おすすめの人や買ってよかったと思えるための購入タイミングもまとめました。

iPad Proを使って幻滅!?後悔した8つのポイント

iPad Proを購入する前はワクワクしていたのに、実際使ってみるとがっかりすることがあります。その理由を8つのポイントでチェックしましょう。

1. 高性能のM1チップのメリットが実感できなかった

iPadの中でもパソコンに最も近いパフォーマンスを発揮するiPad Proなので、そのポテンシャルな機能に惹かれて購入する方も多いです。しかし自分が普段使う機能はメールやメモ取り、音楽鑑賞などベーシックなもので、M1チップのCPUやGPU、メモリなどのパワーをフル活用できないと後悔することがよくあります。

複雑な作業をするときは、MacBookを使うというパターンも多く、Keyboardをドッキングしていない場合は検索すら行わない場合も。結局は使う機会が少なく、宝の持ち腐れになってしまう状態です。

2. カメラを使うときはやっぱりiPhone

iPhone 11以降はiPad Proより優れた12MPの超広角で撮影ができます。iPhone 13 Pro MaxはiPad Proより3倍の最大15倍デジタルズームやナイトモードポートレート、シネマティックモードを搭載。そのためiPad Proで写真を撮るよりもコンパクトなiPhoneを使う機会が必然的に多くなります。

iPad Proは大きな画面で撮影しやすいですが、サイズが大きいのでショットがやりづらく腕も疲れてしまいます。人混みの中では撮影中に周囲に覗き込まれやすく、小回りが利かないのもiPhoneが使いやすく感じるポイント。薄いiPad Proですが、iPhoneよりも持ち運びや使用中にかさばる欠点があります。

3. Magic Keyboardがバッテリーを消費

iPad ProとMagic Keyboardをつけて使っていると、デバイスのバッテリーがどんどん減ってしまいます。加えてスリープ状態でもバックライトが消えず、無駄にバッテリーを消費してはiPad Proで作業できる時間が限られてしまうでしょう。

高品質であるiPad Proもキーボードも、バッテリーなしではただの荷物になってしまいます。Magic Keyboardの重量は約600g(11インチ)700g(12.9インチ)あり、デバイスと合計するといずれも1kg以上に。バッテリーだけでなく、持ち運びにも負担を感じるものです。

4. 片手で持って使えるけど限度がある

iPadの中でも最もサイズが大きいiPad Pro。2021年に発売された12.9インチと11インチそれぞれのサイズをチェックしてみると、

  • 12.9インチ…縦280.6mmx横214.9mmx厚さ6.4mm
  • 11インチ…縦247.6mmx横178.5mmx厚さ5.9mm

いずれも片手で持って作業するにはやりづらいサイズです。ケースやキーボードをつければ、デスクや膝の上に置いて使えますが、電車やバスなどで立っているときはないと同じです。

キーボードもケースもMacBookよりも薄く安定感がないので、モバイルとは言っても屋内で使うことがほとんど。どうせならMacで事を済ませた方が早いことになります。

5. ミニLEDの恩恵を感じられなかった

12.9インチには10,000個以上のミニLEDが搭載されており、1,000,000:1の高度なコントラストでブリリアントなディスプレイを実現。それなりに製造コストが高く、デバイス自体の価格も高いです。

そんな魅力的なiPad Proでリサーチやメール、書類作りなどをメインに行なっては、ミニLEDの存在を忘れてしまうかもしれません。使う目的なしに12.9インチを選んだ場合によくある後悔パターンです。

ミニLEDは画像や動画編集、デザイナーなど、色彩を取り扱うクリエイティブな作業でない限り、メリットを最大限に発揮できないでしょう。

6. やっぱりMacにはなりきれない機能

高速なM1チップや優れたiPadOS、5GなどMacはもはや必要なくなる?と思わせるパワフルなiPad Pro。しかしMacと比べると、いくつか欠けてしまう機能あります。

  • Finder
  • ターミナル
  • Mission Controlが使えない
  • 12.9インチ第5世代、11インチ第3世代モデルでないとThunderboltが使えない
  • コネクタが1つしかない

これらの機能はiPad Proを使うときにどうしても必要なものではないので、作業によっては必ずしもデメリットにはなりません。しかし仕事でiPad Proを使う方は、少なからずMacの必要性を感じるものです。

7. 毎年新モデルが発表されるのですぐに古くなる

やっと手に入れたiPad Proと満足していたら、新しいモデルが来年発売予定と聞いてショックになることがよくあります。iPad Proは高価なので、下取りをしても新型への買い替えの悩みや負担は尽きません。

毎年購入をする必要はありませんが、常に最新のモデルを使いたいのはユーザーの望み。新型でもいずれ型落ちするのは避けられず、自分のニーズに合わせて要領よく切り替えるかによって後悔する度合いが少なくなるでしょう。

事前に購入プランを立てるなら、ここ数年先の情報もある程度役に立つかもしれません。高価なものほど、じっくり検討する価値があります。

8. MacBook Airと比べて価格が高い

iPad ProとMacBook Air13.3インチの価格を、256GBのストレージ搭載モデルでそれぞれ比較してみました。

*価格は2022年7月1日以降のもの

iPad ProとMacBook Air価格比較

デバイス価格
iPad Pro 12.9インチ第5世代174,800円〜
iPad Pro 11インチ第3世代132,800円〜
MacBook Air 13.3インチ134,800円〜

iPad Pro 12.9インチはMacBook Airより40,000円高いです。ミニLEDが搭載されているものの、ポート数やキーボードは別売りなど実用的なスペックが乏しく全体的に割高になるでしょう。

ちなみにM2のMacBook Airは164,800円〜で、12.9インチはさらに10,000円高。今の時期にM1の12.9インチを購入するのは、よほどの目的がない限り購入に踏み切り難いです。

M2のMacBook Airが発表されると同時に、スタート価格が115,280円だったM1のMacBook Airが19,520円値上がりしました。11インチは一時的にMacBook Airより28,000円安くなりましたが、7月から円安が要因と推測される値上がりで、たった2,000円の差額になってしまいました。

11インチにはミニLEDがない上ディスプレイサイズも小さく、そのほか物足りないスペックは12.9インチと同じ。MacBook Airより安いと言えるのは、数字で判断するときだけです。

Magic Keyboardとセットで購入する場合の価格比較

デバイス価格(iPadはMagic Keyboard追加)
iPad Pro 12.9インチ第5世代226,780円〜(174,800円+51,980円)
iPad Pro 11インチ第3世代176,480円〜(132,800円+43,680円)
MacBook Air13.3インチ134,800円〜

Magic KeyboardをつけるといずれのモデルもMacBook Airを上回り、12.9インチでは91,980円高いです。

デバイスと同時にアクセサリの価格も上昇し、キーボードが装備されているMacBook Airの価格と比較する前に購入すると、大幅な価格差に後悔するかもしれません。

iPad Pro 11インチでも、MacBook Airを追い越し、Apple Pencil第2世代(19,880円)を加えればいずれもデバイスとバランスの取れない価格になります。

iPad Proはどんな人におすすめなのか

iPadの中でもプロフェッショナル仕様のiPad Proは、基本的にどのような人におすすめなのかチェックしましょう。

高画質の画像や動画の編集をしている

iPad ProはAdobe Premiere RushやPowerDirectorなどの動画編集アプリや、Photoshop(iPad版)やLightroomなどの画像編集アプリなどを使って高画質な作品を取り扱う方におすすめです。

まるで現実を映し出すようなリアル効果のあるXDRディスプレイ搭載(12.9インチ)や、GPU-8コアのパワフルなグラフィックスで、鮮やかで美しい画像や滑らかな映像を最大限に引き出すのはiPad Proだけのメリットです。

Apple Pencilで作業をするクリエイター

イラストレーターやデザイナーなど、Apple Pencilを使ってクリエイトする方にぴったりです。iPad Proの高画質なディスプレイが、理想的な色合いを提供してくれます。

iPad Proの大きな画面で、細かな文字入れをしやすいのもメリット。Apple Pencil一本でマルチカラーを駆使しながら、オリジナルの作品をiPad Proで実現できます。

何がなんでもスピード重視で仕事をしている

M1チップや5Gを搭載したiPad Proは、ダウンロードやアップロード、大量のデータ転送を高速に処理したい方におすすめです。作業の遅延を抑えながら、もたつきのない作業をサポートしてくれるでしょう。

ビデオ会議でも素早く安定した接続できるので、お互いの顔や声が途切れることなくリモートワークもスムーズ。ポテンシャルなネットワークでストレスフリーの作業ができます。

Macのサブディスプレイとして作業をしたい

パワフルなiPad Proであっても、Mac特有の作業をする場合はどうしてもMacが必要です。そこでメインとして使うのでなく、複雑な作業はMacで行い、その後の修正や確認などでiPad Proを使う方におすすめです。

サイドカーやユニバーサルコントロールでMacとの連携やマルチタスクにもiPad Proは重宝します。スクリーンも広いので、Macのサブディスプレイとしてベストなデバイスになるでしょう。

iPad Proを使って後悔しないための購入タイミング

iPad Proを購入して後悔しないように、現時点で購入に悩んでいる方に失敗しにくい購入のタイミングをお伝えします。

MacBookを先に購入する

iPad ProはMacBookの機能に近づいていますが、作業によってはMacBookなしでは進行しにくい場合があります。プロのタスクを行うときに、iPad Proを先に購入してしまうと物足りない不満に陥りやすいです。

MacBookがあればほぼ制限なく作業でき、iPad Proでできないことがあっても安心。iPad Proは完全にMacになりきれないので、穴埋めをするデバイスとして頼り甲斐があるでしょう。

iPad Proのレビュー情報を収集をしてから

iPad Proは毎年のように更新されるデバイスの一つです。新しいモデルが登場すると、つい予約に急ぎがちになってしまうのが落とし穴。

新型のiPad Proを購入するときは、よほど緊急を除き発売してからでも遅くはありません。数週間もすれば、ネット上で実際使った人のレビューをキャッチしやすくなります。

レビューは公式サイトだけでは見えない部分もレポートしてくれるので、iPad Proの機能に満足できるのかしっかり判断できるでしょう。

他のiPadのモデルでは作業ができないと感じるとき

今使っているiPadでは作業に不満を感じるときに、iPad Proでストレスを解消できるなら購入する価値があるでしょう。

iPad Proのスペックの数字に惹かれるのでなく、そのパフォーマンスが自分の作業をサポートをしてくれる確信を持てたときがベストタイミングです。

フルスペックでなくても良いと思ったとき

iPad Proのような高性能のモデルを購入するときは、フルスペックで購入したいと思うものです。iPad Pro 12.9インチでは346,800円、iPad Pro 11インチでは304,800円になります。

価格は主にストレージで差が出ますが、通常の作業なら1TB以上の積むのはオーバースペックになることも。またiPad ProにはFinderがないので、大量のファイルを保存できても管理しにくいことも考慮に入れるのが必要。

このことを考えると512GBでも十分で、余分なコストを費やした場合の後悔がなくなります。差額を将来発売されるiPad Proに割り当てることができるでしょう。

まとめ

iPad Proは魅力的なモバイルデバイスとして、一度は試してみたくなるものです。しかし機能やコストが自分のニーズとバランスが取れていないと失敗することに。おすすめの人や後悔しないための購入タイミングも参考に、iPad Proを快適に使ってください。

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑