iPhone/iPad/iPodからMacへ連携カメラで写真・スキャン書類・スケッチを転送

iPhoneやiPad、iPodで撮影した写真やスキャンした書類、スケッチをMacに取り込む方法をご紹介します。連携カメラによりダイレクトに特定のアプリ内に転送でき、手軽に画像の追加が可能。

編集の方法や、連動をしながらデザインや文字入れもできる便利な機能もまとめてお伝えします。

連携カメラが使えるMacのアプリ

iPhone・iPad・iPodの連携カメラから転送できるMacのアプリは、以下のようなものがあります。基本的に書類系アプリで機能します。

  • メール
  • メモ
  • メッセージ
  • Pages
  • Numbers
  • Keynote
  • Finder

メールやメモではマークアップでデザインの追加や連動もできます。

Macのアプリに読み込む方法

アプリごとにさまざまな読み込み方があり、それぞれ「写真を撮る」「書類をスキャン」「スケッチを追加」の3つの機能が選べます。iPodはスケッチ以外に対応しています。

「ファイル」から読み込む

メールとメモ、メッセージから読み込むときに使います。

「挿入」から読み込む

Pages、Numbers、Keynoteから読み込むときに使います。

表内に読み込む

Numbersの挿入は基本的に画面上から読み込む方法と同じですが、表内にも画像を取り込めます。

フォルダに読み込む

Finder上にある通常のフォルダに取り込むときに使います。

画面上に読み込む

メッセージ以外のすべてのアプリから可能です。

「メディア」から読み込む

アプリのツールバーにあるメディアアイコンからもMacへ転送できます。メッセージとFinder以外のアプリから使えますが、この場合はiPhoneとiPadのみ利用可能です。

アプリをフルスクリーンで使っているときに便利な操作です。

連携カメラで写真・スキャン書類・スケッチをMacへ転送する

iPhone・iPad・iPodと連携カメラを使って、写真やスキャン書類、スケッチを転送してみましょう。

写真を撮る

  1. 挿入する位置にカーソルを置く
  2. アプリに合わせた挿入法を操作→「(デバイス名)から読み込む」→「写真を撮る」をクリック
  3. 選んだデバイスの写真アプリが自動に起動するので撮影をする
  4. 「写真を使用」をタップする

書類をスキャン

スキャンはデバイスを動かして色で範囲を表示しながら撮影する自動スキャンと、手動でシャッターを押す2つの方法があります。

  1. 挿入する位置にカーソルを置く
  2. アプリに合わせた挿入法を操作→「(デバイス名)から読み込む」→「書類をスキャン」をクリック
  3. 選んだデバイスがスキャンをする状態になるので必要書類を撮影する
  4. 表示された四辺や角をドラッグしながら必要に応じてサイズを調整する
  5. 「スキャンを保持」→「保存」をタップ

自動スキャンで撮影する場合、書類全体が画面に入るようにデバイスの位置をやや離して調整すると色四角が表示されます。色四角が書類全体をカバーしたらそのまま静止するとデバイスがショットしてくれます。

スケッチを追加

  1. 挿入する位置にカーソルを置く
  2. アプリに合わせた挿入法を操作→「(デバイス名)から読み込む」→「スケッチを追加」をクリック
  3. ペンのタイプや太さ、色を選びながらお好みでデザインする
  4. 「完了」をタップする

独自のデザインや手書きを文書に追加したいときにおすすめです。

写真・スキャン書類・スケッチを編集する

Macに取り込んだ写真とスキャン書類、スケッチは、後から画像サイズの変更、移動、拡大/縮小、切り取りなどができます。

*画像の移動

  • 画像を移動したい位置へドラッグする

*画像のサイズ調整

  • 画像をクリック→四片の中心と角にある白の四角をドラッグする

*画像の拡大/縮小(画像参照)

  • 画像をダブルクリック→スライダーを左右に動かして調整→「終了」をクリック

メディアアイコンでも切り取りアイコンでもどちらでもOKです。

*フォーカスする位置を調整(画像参照)

  • 画像をダブルクリック→画像をドラッグしてフォーカスを変更する→「終了」をクリック

こちらもいずれのアイコンからできます。

*画像を切り取る

  • (Pages / Numbers / Keynote)画像をダブルクリック→切り取りアイコン→四片の中心と角にある黒の四角をドラッグして切り取る範囲を調整→「終了」をクリック(画像参照)
  • (メールとメモ)画像の右上にある下矢印→「マークアップ」をクリック→切り取りアイコン→四辺や角をドラッグして範囲を指定したり、画像をドラッグして位置を指定→「切り取り」→「完了」をクリック

*マークアップを使う

メールとメモでは、マークアップで編集できます。

  1. 画像右上の矢印をクリック
  2. 「マークアップ」をクリック
  3. ツールを使って編集する

続いて、マークアップツールから連動してMacの画像にデザインなどを挿入する方法を次の項目でご紹介します。

iPhone / iPadとMacで連動書き込みをする

Macに転送した写真に、iPhoneやiPadからイラストや手書きなどをリアルタイムで追加できます。

  1. iPhoneやiPadからMacへ転送した画像を開く
  2. 画像の右上にある小さい矢印をクリック→「マークアップ」をクリック
  3. ツールバーの右にあるデバイスアイコンをクリックして使うデバイスを選ぶ
  4. iPhoneやiPadで好きなデザインや文字を挿入する
  5. ツールバーの「完了」をクリック

一度完成したデザインや文字を修正したり追加したりするときは、2以降を繰り返します。

まとめ

iPhone、iPad、iPodの連携カメラでMacへ書類を転送する方法をお伝えしました。写真やスケッチは作成したばかりのものを送信できるのが特徴。手書きやデザインの連動も活用しながら、すてきな文書を作りましょう。

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑