【iOS 16】Spotlightの「検索」ボタンをオフにしてインジケーターと切り替える

iOS 16ではホーム画面下の「検索」ボタンをタップしてSpotlightを表示できます。iPhoneの画面を下にスワイプする方法も利用でき、2つの操作でアクセスが可能です。

「検索」を無効に設定すれば、ホーム画面のインジケーターと切り替えができます。ここの記事ではSpotlightの新機能をはじめ、Spotlightの特徴、対応機種をまとめてお伝えします。

Spotlightの「検索」ボタンとインジケーターは切り替えが可能

iOS 16のアップデート後にホーム画面の下にデフォルトで表示される「検索」ボタンは、設定でインジケーターと切り替えができます。

ホーム画面に表示された「検索」
「検索」を非表示にする画面
  1. 「設定」をタップ
  2. 「ホーム画面」をタップ
  3. 「ホーム画面に表示」をオフにする

「検索」が有効でも、ホーム画面をスワイプすると同時にインジケーターが検索に表示されます。どのホーム画面を表示しているか瞬間的に確認できますが、手を止めると「検索」が自動的に戻ります。

「検索」を非表示に設定しても、Spotlightはいつものようにホーム画面を下へスワイプすれば使用可能です。

「検索」を常に表示するときは、インジケーターに頼らない、Spotlightを頻繁に使う場合におすすめです。

Spotlightでは幅広い検索ができる

検索したワードに関連するコンテンツを表示するSpotlightは、iPhoneだけでなくiPadやMacでも使えるマルチ検索機能です。デバイス内のファイル、画像、アプリ、連絡先登録者へのコンタクト、ハンドオフ対象のデバイスなどへダイレクトなアクセスを可能にします。

メジャーリーグの検索結果では試合の結果も閲覧でき、プラスアルファな情報も提供してくれます。さまざまなSpotlightの提案から、有益な情報やアイデアが得られることも一つのメリットです。

スピーディーな検索のおかげで時間やiPhoneのバッテリーを節約できるのもSpotlightの特徴。アプリの画面(通知センターを表示→画面を下へスワイプして表示)でもアクセスできる利便性もポイントです。

対応機種はiPhone 8以降のモデル

ホーム画面でSpotlightの「検索」ボタン機能が利用できる対応機種は、iOS 16にアップデートをしたiPhone 8以降のモデルです。

iPhone 7以前およびiPhone SE(第1世代)のモデルは、画面を下へスワイプする方法でSpotlightへアクセス可能です。

まとめ

iOS 16のアップデートで利用できるホーム画面の「検索」により、iPhoneでSpotlightへアクセスする機会が増えそうです。不要なときはオフにして、インジケーターに切り替えればOK。今までは使用するとき以外見えないSpotlightですが、常に表示される「検索」でさらに役立つ機能になるでしょう。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑