iPhoneでマップの使い方をご紹介|基本設定〜応用までのまとめ

iPhoneのマップアプリの使い方は簡単で、便利な機能がたくさんあります。初めて行く場所でも、iPhoneのマップを使えば効率良い経路で到着できるでしょう。

Carplayとして接続すればカーナビにもなり、ドライブにも手放せないアプリ。普段の外出から外泊まで役立つiPhoneのマップの使い方を、設定から応用までご紹介します。

iPhone マップの使い方:設定〜出発

iPhoneでマップを使う方法を、目的地などの設定から出発までお伝えします。画像は一部を除き横向きなので、縦の場合と表示が異なる場合があります。

目的地を検索

  1. iPhoneのマップをタップ
  2. 検索窓に都市名や店名、場所名、住所などを挿入する
  3. 「検索」をタップ

目的地を変更するときは、詳細ウインドウ内に表示される「X」をタップします。

さらに初期画面に戻すときは「キャンセル」をタップしましょう。

マップの種類選択・周辺環境チェック

マップの種類や詳しい周辺情報は、以下の方法で選択したり調べることができます。

目的地の画面
プレビューをタップした後の画面
  • 必要に応じてピンチアウト/インで拡大・縮小したり、指でマップを回転して方向を変える
  • 右上(上部)のアイコンをタップして地図の表示スタイルを選択する
  • プレビューをタップ(目的地から遠距離の場合は非表示)→指で画像を動かしてパノラマ風にでチェック

右上のアイコンからは道路や航空写真などマップ表示の選択ができます。航空写真からは3Dの表示もでき、他のマップにも反映。3Dのときはアイコンの下に「2D」が表示されるので、元に戻すときにタップしましょう。

下の矢印のアイコンは、現在地に戻るときに使います。

目的地周辺を360度チェックできるプレビューは、リアルにチェックしたいときにおすすめです。ピンチアウト/インや右上の矢印でプレビューの拡大/縮小ができます。

元のサイズに戻すときは、「完了」をタップしましょう。

交通手段・経路を選ぶ

画像1
画像2
  1. 詳細ウインドウ内の推定所要時間または「経路」をタップ(画像1)
  2. 交通手段を選択する(画像2)
  3. 行き方の候補リストから経路を選択する
  4. 「経路をプレビュー」をタップして、道順や路線など目的地までの行き方をチェック

目的地までの距離が大陸を超えるなど超遠距離である場合は、推定所要時間が計算できないため「経路」で表示されます。

候補の経路は最短所要時間の順に表示されます。経路をプレビューしながら、都合のよい行き方を選びましょう。

道路と公共交通機関を選択する

公共交通機関

詳細ウインドウ下部から、車は「有料道路」と「高速道路」、公共交通機関ではバスや電車などの表示選択ができます。

出発地・目的地 / 時刻を変更する

出発や到着する場所や時刻の変更は以下の方法で行います。

出発地・目的地を変更

画像1
画像2
  1. 「現在地」をタップ(画像1)
  2. 現在いる場所や目的地を変更する(画像2)
  3. 「経路」をタップ

「経路」はオンスクリーンキーボードからでもOKです。

出発地と目的地を逆転したいときは矢印をタップ、再度変更したいときは、変更後の出発地をタップしてステップを繰り返します。

出発・到着時刻を変更

画像1
画像2
  1. 「今すぐ出発」をタップ(画像1)
  2. 「出発時間」と「到着時間」から日程を選択(画像2)
  3. 時計をタップしてそれぞれの時刻を設定
  4. 「完了」をタップ

iPhoneを縦にした方が、同じ画面で日程と時刻を設定できるのでおすすめです。

今日の日程と現時点の時刻に戻すときは、「今すぐ出発」をタップしましょう。

出発する

目的地や経路の設定ができたら、いよいよ出発です。

画像1
画像2
  1. 「出発」をタップ(画像1)
  2. 必要に応じて位置の表示や読み上げモードを選ぶ(画像2)
  3. 目的地に到着したら「経路を終了」をタップ

運転の通知は経路の通行に関する情報のみ伝えます。音声のボリュームはiPhone本体から調整しましょう。

すべての経路を表示する

経路の詳細ウインドウ(画像2)の中にあるバーをタップするとすべての経路が表示され、読み上げと見合わせながら進行できます。

推定所要時間あたり(画像1)をタップしても同じように表示できます。

経路情報をカスタマイズする

到着時間などが表示されているバナー(画像2)をタップすると、経路をカスタマイズできるカテゴリーが表示されます。

  • 停車場所を追加…レストラン、カフェ、ガソリンスタンド、駐車場、コンビニ、銀行・ATM
  • 到着予定を共有…自分がいる現在位置、経路、目的地の共有
  • 交通情報を報告…事故、危険、スピード違反取締まりを報告
  • 経路を終了…到着前に経路を終了する

到着予定を待っている人と共有できると、到着地で待っている人も安心できます。

iPhone マップの使い方:応用編

iPhoneのマップはさらに便利な使い方ができます。マップが使い慣れたら試してみましょう。

Flyoverで飛行シミュレーションをする

画像1
画像2

目的地を航空写真で見るだけでなく、Flyoverで上空を周遊しながら周辺の環境を見渡すことができます。

  1. 右上、上部のアイコンをタップ(画像1)
  2. 「詳細マップ」「航空写真」「ドライブ」のいずれかをタップ
  3. 地図上のマップの都市や場所をタップ(画像1)
  4. Flyover画面になったらiPhoneをいろいろな方向へ動かして飛行シミュレーションをする(画像2)
  5. 「X」をタップして終了

詳細ウインドウの「ツアーを開始」をタップすると目的地を360度自動的に飛行できます。元の画面に戻すときは「ツアーを一時停止」、再開は「ツアーを再開」をタップします。

詳細ウインドウが消えてしまったときは、iPhoneの画面をタップすると出てきます。

Siriに設定をしてもらう

マップはSiriに頼んで目的地を検索したり、共有を頼むことができます。いくつかのフレーズをリストアップしました。

  • 〇〇への行き方
  • 〇〇の経路
  • 到着予定を共有
  • 到着時間を共有
  • ナビゲーションを終了
  • マップ終わり

上記以外にも、わかりやすいヴォイスコマンドでいろいろSiriに尋ねてみましょう。

共有をするときは、メールアドレスやApple IDを共有する許可を尋ねられます。

目的地を登録する

頻繁に使う目的地を登録することで、次回はワンタップで設定できます。

画像1
画像2
  1. iPhoneのマップをタップ
  2. 詳細ウインドウ内「よく使う項目」→「追加」をタップ、または「さらに表示」→「+」をタップ(画像1)
  3. 検索窓に目的地を入力、または「Siriからの提案」から選ぶ
  4. 表示されたリストから目的地を選択し「+」をタップ
  5. 「詳細」→「種類」をチェック
  6. 必要に応じて「詳細」→「人を追加」する
  7. 「完了」をタップ

項目の追加は、通常の検索をした目的地の詳細ウインドウ→3点リーダーまたは下部の「よく使う項目に追加」からでも可能です。(画像2)

検索結果に希望する目的地が表示されない場合は、「ロンドン」「ビッグベン」など言葉を追加してください。

「よく使う項目」から人を追加して共有すると、共有相手に経路などの情報が自動に通知されます。

追加した目的地を削除する

「よく使う項目」は以下さまざまな方法で削除できます。

画像1
画像2
  1. 詳細ウインドウ内「よく使う項目」→「さらに表示」をタップ
  2. 削除したい目的地を左方向へスワイプ→「削除」、または「編集」→「ー」→「削除」→「完了」をタップ、またはインフォアイコンをタップ→「よく使う項目から削除」をタップ(以上画像1) 、目的地→3点リーダー→「よく使う項目から削除」をタップ(画像2)

まとめ

iPhoneのマップがあれば、初めて行く場所でもスムーズに到着できます。事前の下調べやリアルタイムでさまざまな情報をキャッチしながら、快適な外出をしましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑