【macOS Sonoma】Safariでウェブアプリ作成機能が登場!好きなサイトへワンクリックでアクセス

画像:Apple

macOS SonomaではSafariでWebサイトのアプリを作成する、ウェブアプリ機能を搭載します。今までタブで閲覧していたあらゆるWebサイトをアプリ化し、Dockからアイコンをクリックするだけで手軽なアクセスが可能になります。

これまでSafariではタブを固定、グループ化、お気に入りに追加するなどして、Webページへのアクセスを容易化してきました。しかしいずれの方法もSafariを起動することから始まり、さらにタブバーやサイドバー、スタートページなどから探しては時間のロスが多少なりとも生じたものです。ウェブアプリを作成すれば、他のタブに紛れることもなくどの画面からもワンクリックですばやく表示できます。

ウェブアプリの作り方は実にシンプル。MacでSafariを起動してウェブアプリ化するサイトを表示し、メニューバーの「ファイル」から「Dockへ追加」をクリックするだけです。自動的にWebサイト名が入力され、「追加」をクリックすればDockに追加されます。

ウェブアプリのウィンドウ右上にはSafariのアイコンが表示されるので、通常のブラウザのウィンドウと区別も簡単。非表示になったアドレスバーの中央に表示されるアプリ名(Webサイト名)からも判断できるようになります。Safariのツールバーではアプリ内の検索ページを前後する「<」「>」のみ利用でき、アプリ名が表示されたメニューバーでは、メニューから操作可能です。

アプリの通知がある場合は、Dock内のアプリにバッジがついたり通知センターで連絡されるので情報を見逃すこともなし。アプリを閉じるときは、いつものようにウィンドウ左上の赤ボタンをクリックすればOKです。

ダウンロードもコストも一切なしで利用できるウェブアプリは、macOS Sonomaにアップデートしたらぜひ利用したいおすすめの機能です。

ページ先頭へ ↑