新型Mac Proの発売日は2023年になる可能性|M2 Ultra/M2 Extreme搭載か?

新型Mac Proが2023年に発売される可能性が浮上してきました。Appleシリコンの中でも最強のパワーを持つM2 UltraとM2 Extremeを搭載すると言われ、Intelプロセッサからようやく移行できそうです。

パフォーマンスの向上だけでなく、高い電力の効率化が期待できる新チップの性能を中心に、これまでのリークをまとめました。

M2 UltraとM2 Extremeの性能

Intel Xenon Wプロセッサを搭載したMacの最強のデスクトップマシンMac Pro。次期モデルはTSMCの3nmプロセスで製造されたM2 UltraとM2 Extremeが搭載されると言われています。

M2 Ultraの性能

M2 Max(予想12コアCPU/38コアGPU)の2つのダイに、24コアのCPUと76コアのGPUの搭載が予想されるM2 Ultra。M1 Ultraと比べるとCPUは4コア、GPUでは12コア増えることになります。性能の向上に伴いユニファイドメモリの増量や帯域幅も広くなることが予測され、それぞれM1 Ultraの128GBや800GB/sを超える可能性があります。

ニューラルエンジンやM1 Pro、M1 Max、M1 Ultra、M2に搭載されているメディアエンジンのアップデートは、まだ明確ではありません。M1 Ultraには32コアのニューラルエンジンや、2つのビデオデコード/4つのエンコード、4つのProResエンコード/デコードエンジンなどのメディアエンジンが搭載されています。

M2 Extremeの性能

ハイエンドチップのM2 Extremeは、2つのダイのM2 Ultraを倍にした4つのダイで構成されるようです。トランジスタの密度は2,280億個(1,140億個/M1 Ultra)が予想され、M2 Ultraの2倍の性能をもたらす48コアCPU(現行モデルは最大28コア)と152コアGPUを搭載すると言われています。

ユニファイドメモリに関してはM1 Ultraの2倍である最大256GBが予想され、最大1.5TBまで増設できる現行モデルより控えめです。リーカーのMajin Bu氏によると拡張もできるようですが、もっともモジュールの並行アクセスを可能にするAppleシリコンのメモリは、Intelプロセッサで必要なメモリ領域のコピー分の容量を節約できるでしょう。

Appleが試行した、128GBメモリのM1 Ultraと384GBメモリの現行モデルによるProResビデオへのトランスコードでは、M1 Ultraで5倍以上の速さを実証したことでもユニファイドメモリの高い性能が伺われます。M2 Extremeの帯域幅も1,600GB/sになれば、M1 Ultraの800GB/sより低レイテンシで高速なデータ転送が可能になるでしょう。

M2 Ultraの2倍の性能に沿う限りニューラルエンジンは64GB、メディアエンジンでは4つのビデオデコード/8つのエンコード、8つのProResエンコード/デコードエンジンが推測できます。

新型Mac Proの価格

新型Mac Proの価格はリークされていませんが、新チップの導入により現行モデルより上昇する可能性があると言われています。現行のタワーモデルは662,800円〜、ラックモデルは732,800円〜がスタートラインです。

ベストパートナーとなる6KのPro Display XDR(728,480円〜)と一緒に購入すると1,391,280円〜になり、新型と組み合わせると140万円以上になることが予測されます。

Mac Proは負荷の高い作業をターゲットにしたマシンなので、それなりに高度なスペックが備わっています。スペックによって100万円を超える高価なデバイスですが、メモリの増設、GPUのアップグレードや拡張などによるカスタマイズで長く使えるメリットがあります。

マウスとテンキー付きキーボードは本体購入時に付属されています。

新型Mac Proの発売日

これまでに噂されていた新型Mac Proの発売日は2022年内が期待されていましたが、6月や9月のイベントでは発表されませんでした。

Bloombergのマーク・ガーマン氏によると2023年第1四半期(1月〜3月)へずれ込んだようで、新型は3月のイベントで発表される可能性があります。M2 Pro/M2 Maxの14/16インチMacBook ProやM2/M2 ProのハイエンドのMac miniの発売も期待されています。

2009年以降の歴代Mac Proの発売日は以下の通りです。

  • 2019年12月11日
  • 2013年12月19日
  • 2012年6月11日
  • 2010年7月27日
  • 2009年3月3日

現行モデルと前身モデルは12月に発売されましたが、2023年3月を仮定すると2009年のモデル以来の春の発売になりそうです。

発売年に関してはばらつきがあり、最長2013年〜2019年の6年間のブランクに続く3年後のアップデートになります。

まとめ

ポテンシャルなパワーを発揮できそうなM2 UltraとM2 Extremeは、Mac Proの初のAppleシリコンにふさわしいチップになるでしょう。今までにない新しいプロセッサで、現行モデルの性能とどのくらい差をつけることができるか見どころです。

ページ先頭へ ↑