15インチMacBook Airの発売を待つべき?2023年待望のディスプレイサイズが登場か

2023年にMacBook Airが15インチのサイズで発売されるリークが浮上しています。M1やM2モデルより大きいディスプレイや高い性能を望んでいるユーザーには期待がかかるモデルになりそうです。

2022年の新型MacBook Airかそれとも15インチを待つべきか、これまでの情報をもとに性能やデザイン、価格なども含めてお伝えします。

MacBook Airが15インチで2023年に発売

DigiTimesによると、新型MacBook Airは15.2インチのディスプレイサイズで2023年に発売されるようです。Bloombergは来年の春の発売を予想し、ミンチー・クオ氏は後半以降になると具体的な時期を伝えています。

Appleはすでに15インチのMacBook Airを開発中で、2022年版のMacBook Airより大きめのディスプレイのモデルを発表する姿勢。

MacBook Airのディスプレイサイズは玉に瑕(きず)で、少なからず拡張が望まれていたもの。M1モデルは13.3インチ、M2モデルは13.6インチ、さらに15インチへとサイズの改善ができそうです。

一般的にパフォーマンスの高さとディスプレイの大きさは比例しており、15インチMacBook AirのプロセッサはM2 Proも搭載されるという噂が浮上しています。1.6インチ拡大ディスプレイと性能の向上で、MacBook AirユーザーだけでなくMacBook Proユーザーも魅了するモデルになるでしょう。

15インチMacBook Airのチップ

15インチのMacBook Airに搭載されるチップは現時点で3つのタイプが予想されています。ミンチー・クオ氏はM2とM2 Pro、マーク・ガーマン氏はM3チップが搭載されるとレポートしています。

M2チップなら第2世代5nmプロセス

M2は第2世代5nmプロセスで製造されており、8コアCPU、8/10コアGPU、メディアエンジン、メモリ最大24GB、帯域幅100GB/sの性能が期待できます。

M2はM1の5nmプロセスを改良したチップで、トランジスタの密度やメモリ帯域幅が向上しています。15インチモデルにもふさわしい性能で、プロの外観を思わせるノッチやカメラのクオリティも違和感がないでしょう。

M2 Pro / M3なら3nmプロセス

M2 ProやM3のチップは3nmプロセスになると、DigiTimesが伝えています。2022年後半に3nmプロセスのチップの生産を開始するようで、15インチへの搭載の可能性は十分あるでしょう。

マーク・ガーマン氏によると、M2 Proは10コアCPUと16コアGPUでPro並みの性能を搭載するようです。

14/16インチMacBook Proにも予想されるM2 Proは、15インチMacBook Airをセミプロレベルへ引き上げるでしょう。M2とM2 Proの選択ができるなら、13インチMacBook Proの代わりになるかもしれません。噂される67W電源アダプタの付属も、Proへのステップアップが伺われます。

M3は8/10コアCPUと10コアGPUになるとも言われ、スタンダードモデルの15インチMacBook Airに適切な性能になるでしょう。

15インチMacBook Airのデザイン

ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏によると、15インチMacBook Airのデザインは13.6インチと変化はないそうです。2022年にアップデートした新型は、ノッチありのスリムなベゼルやスクエアのエッジ、MagSafe、4つのカラーバリエーションなどが印象的です。

ボディに関しては16インチMacBook Proに近いサイズに関わらず、スリムで軽量になることをマーク・ガーマン氏は予想し、Airの個性をアピールする見込み。

15インチはディスプレイサイズにポイントを置いており、13.6インチのデザインと共にさらなるスペックの向上ができるでしょう。MacBook Airで複数のアプリを同時に使うときも、15インチならスペースの問題を解消してくれそうです。

15インチMacBook Airの価格について

15インチMacBook Airはディスプレイサイズのアップデートがメインで、同じプロセッサの搭載が予想されています。15インチは13.6インチのスタート価格(164,800円)より上昇が見込まれますが、14/16インチMacBook Pro(274,800円〜)よりお手軽に購入できるでしょう。

ディスプレイの大きさの差を考えると、13.6インチより高価になるのは納得がいきます。仮にM2 ProやM3が搭載されるなら、Proの価格に近づく可能性も。しかし15インチMacBook AirはProシリーズを超えないので、ミニLEDや120Hzのリフレッシュレートを可能にするProMotionテクノロジーなしの価格になるとも考えられます。

今までディスプレイの広さのために14/16インチMacBook Proを購入することもなくなり、必要以上のパワーやコストの節約ができるでしょう。かつてMacBook Proに採用されたワイドなスクリーンとProよりもアクセスしやすい価格で、15インチは多くのユーザーに期待されるマシンになりそうです。

15インチMacBook Airを待つべきか

2022年6月に新型MacBook Airが発表されたばかりで、次は15インチMacBook Airに注目が集まりそうです。頼もしい性能と大きなディスプレイサイズを望んでいるユーザーにとって、13.6インチは脇に置かれるモデルになるかもしれません。

もし15インチが登場するとして発売まで待てないなら、とりあえずベーシックなスペックの13.6インチを購入し、15インチを購入するときに下取りに出すのも一つのアイデアです。もちろん現時点では予想段階なので、あくまでも仮定ですが。

M2モデルは性能の向上やメモリの増量、MagSafe充電、カラーのアップデートで一新。ディスプレイもわずかながら0.3インチ大きくなり、スリムなノッチベゼルになりました。しかしディスプレイやM2 ProやM3チップを加えて重視するなら、15インチモデルは別物として検討できるでしょう。

本体サイズも大きくなり重量も増えますが、14インチMacBook Proを超えるディスプレイサイズになります。セミプロレベルのディスプレイかつ性能で、有意義な作業がMacBook Airで実現できそうです。

新型M2モデルのMacBook Airについては、M2 MacBook AirとM1のスペックを比較|どちらが自分にベストなモデル?をご覧ください。

まとめ

ディスプレイや性能の向上が予想される15インチのMacBook Airが2023年に発売されるなら、新たな旋風を巻き起こすモデルになるかもしれません。13.6インチのM2 MacBook Airとどちらがユーザーのニーズに応えるか、今後もMacBook Airは注目の的になりそうです。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑