14/16インチMacBook Proが2023年に発売?M2 Pro/M2 Max搭載か

MacBook Pro 14インチと16インチの新型が、2023年初頭にM2 Pro / M2 Maxで発売されることがリークされています。

さらなるパワーで圧倒させるマシンになるか、予想されるチップの特徴、ディスプレイ、発売日など関連情報をまとめました。

新型MacBook Pro 14インチ/16インチに搭載されるチップの性能

2023年の新型MacBook Pro 14/16インチのチップは、M2 ProまたはM2 Maxが選択できるようです。新プロセスチップによりM1 ProやM1 MaxよりCPUやGPUが向上し、さらにパワーアップしたパフォーマンスが期待できます。

TSMCの3nmプロセスで高速化

DigiTimesによると、M2 ProはTSMCの3nmプロセスで製造されるようです。今年9月に生産を開始すると言われ、タイミングが合えば2023年初頭にMacBook Pro 14/16インチへの搭載が見込まれます。5nmプロセスのM1 ProとM1 Maxから大幅なアップデートになり、約1年半ぶりに新たなパワーを搭載することになるでしょう。

3nmプロセスのM2 ProチップはハイエンドのMac miniにも採用されると言われ、引き続きM2 MaxやM2 Ultraへと展開すると言われています。年内発売が予定されているMac Pro限定のM2 Extremeにも外せないチップになるでしょう。

3nmプロセスはiPhone 15やM3チップのMacにも搭載するようで、MacBook Pro 14/16インチを皮切りにデバイスの高速化やバッテリーの効率化が向上。14インチディスプレイが噂されているiPadがProで発売されるなら、同チップが搭載される可能性があります。

CPUはM1 Proより最大4コアアップ

Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、M2 ProとM2 MaxのCPUは12コア (8コア高性能・4コア高効率) CPUになるようです。

M1 Proより最大4コアアップし、さらなるパフォーマンスの向上が期待できそうです。M2 Maxも2コア増えますが、M1 Proと性能の差がない点でアップデートを感じにくいかもしれません。できれば14コアが選択できるとベターでしょう。

M1 ProのCPUは8コアと10コアが選択できますが、予想をみる限りM2 Proでは固定されている可能性があります。

M2 ProのGPUは2コアアップでスタート

M2 Proは16コアGPU、M2 Maxでは32コアGPUになると、マーク・ガーマン氏は予想しています。

M1 Proで利用できる14コアGPUはなくなり、16コアGPUからのスタートになるよう。M2もM1よりGPUが2コア増えたので、Proも同じようにアップグレードをする見込みです。

M2 Maxは32コアGPUと言われ、M1 Maxの最大値と同じ。M1 Maxの24コアGPUの選択はなく、CPUのようにM2 ProとM2 Maxは一定ラインのパワーを求めるユーザーをターゲットにしたチップになることが伺えます。

メモリは現行モデルと同じ最大64GB

M2 Maxのメモリは最大64GBとガーマン氏は予想。メモリは現行モデルの容量にとどまるようです。M1 Proの最大メモリ容量はM1 Maxより半分なので、M2 Proでも32GBが期待できるかもしれません。

Appleシリコンはメモリの容量をうまく使用できるメリットもあることから、メモリに関しては特に変動がないようです。

OLEDディスプレイは2025年に採用

アナリストのミンチー・クオ氏によると、MacBookへのOLEDディスプレイ搭載は2025年になると伝えています。ロス・ヤング氏はiPad ProのOLEDディスプレイは2024年になるとツイートしており、同年にはMacBook Airへ搭載するなど具体的なモデルも浮上してきました。

現行のMacBook Pro 14/16インチにはミニLEDが搭載されており、新型も引き続き同じディスプレイになりそうです。

メーカーに関してはLGのLTPO OLED Gen 8になると噂されていましたが、The ElecによるとAppleはBOEのOLED Gen 8.6ディスプレイをiPad ProやMacBookに採用するとレポート。BOEは15インチまでのOLEDディスプレイの生産も開始しているようです。

2024年にMacBook Airが発表されるなら、単純に2025年はMacBook Proが期待できるかもしれません。いずれの発売日にせよ、MacBookへのOLEDディスプレイの採用はiPad Proの後になりそうです。

曲げやすい特性のあるOLEDは、折りたたみ式のディスプレイも期待させるスペックになるでしょう。

新型MacBook Pro 14インチ/16インチの発売日

マーク・ガーマン氏は、2023年前半にM2 ProまたはM2 Maxを搭載する新型MacBook Pro 14インチと16インチが発売されることを予想。

最近のレポートによると年内にリリースされる可能性があり、iPad ProやMac mini(M2 Pro)などのM2チップ搭載予定のデバイスと共に公式サイト上で発表されるようです。噂されているMac Proは現時点で言及されていません。

いずれにせよ現行のMacBook Pro 14 / 16インチは2021年10月に発売されたので、約1年半以内に新型が登場することになります。

Appleシリコンの発売サイクル

  • 2020年11月→M1
  • 2021年10月→M1 Pro、M1 Max
  • 2022年3月→M1 Ultra
  • 2022年6月→M2
  • 2023年?→M2 Pro、M2 MaxM2 Ultra、M2 Extreme

サイクルを見るとM2もM1のように展開する可能性があり、Appleシリコンの開発が徐々にリズムを掴んでいるようです。

発売時期がある程度安定すれば、M3、M4のMacBook Proの発売日も検討がつきやすくなるでしょう。

新型MacBook Pro 14インチ/16インチの購入は待つべきか

これからハイエンドのMacBook Proの購入を考えている方にとって、M2 Pro / M2 Maxの噂は気になるところ。

新型は性能が向上しますが、自分のニーズに合っているかによって全体的な満足度が異なります。Appleシリコンが進化を続ける中、作業に応じたMacBook Proを追求することがベストな購入ポイント。

自分を基準にしてモデルの評価をすれば、最適なマシンに出会えるでしょう。

まとめ

3nmプロセスチップが期待される新型MacBook Pro 14インチと16インチは、M1 Pro / M1 Maxのパワーをどのくらい上回るのか見どころ。チップはすでにM3へ展開していますが、次期モデルはこれまで以上にポテンシャルなマシンになりそうです。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑