Mac Studio ハイエンドデスクトップのスペックを解剖!ミニボディにパワーを凝縮

Mac Studioが2022年3月18日に発売され、Macのデスクトップシリーズに新しくラインナップしました。M1 MaxまたはM1 Ultraの華麗なハイスペックで操り、Studio Displayとの併用でさらにポテンシャルな性能を発揮。

M1 AppleシリコンのハイエンドマシンとしてMacを率いる、Mac Studioの性能、デザイン、価格をまとめてお伝えします。

Mac Studioの性能スペック

Mac Studioのパフォーマンスは、搭載するチップによって異なります。それぞれのスペックをまとめました。

M1 MaxまたはM1 Ultraを搭載

Mac StudioはM1 MaxまたはM1 Ultraチップで作動するデスクトップです。それぞれの特徴をチェックしましょう。

M1 Max

M1 MaxはM1チップを拡張したチップで、最大で70%の速さをもたらす10コアのCPUや、最大4倍の速さを実現する32コアのGPUが備わっています。16コアのニューラルエンジンはM1と変化がありませんが、最大11兆/sの高速処理を誇っています。

ダブルのProResエンコード・デコードエンジンにより、8KのProResビデオを最大9本まで再生可能。さらに2つのエンコードエンジンなども加え、動画編集の向上を果たしています。

M1 Ultra

Mac Studioと同時発表されたM1 Ultraは、Mac Studioに捧げた超高速なチップです。UltraFusionアーキテクチャによって2つのM1 Maxをドッキングし、チップ間では2.5TB/sの帯域幅を記録。M1 MaxのCPUより2.6倍、GPUでは1.5倍の速さで8Kのレンダリングを可能としています。

並列演算に強さを発揮し、最大22兆/sという飛ぶような実行を実現。クリエイティブ系の重い作業でももたつかない速さで、ProResを含むビデオエンコードやデコードも俊敏に処理します。最大18本の8K ProRes動画再生も難なくこなすスーパーチップです。

M1 Ultraチップについての詳しい内容はM1 Ultraチップの特徴まとめ|プロユーザー向けのスーパーSoCが登場!をご覧ください。

ユニファイドメモリ

Mac Studioで利用できるメモリをチップごとにみてみましょう。

M1 MaxM1 Ultra
・32GB
・64GB
・64GB
・128GB

Ultraでは64GB、Maxでは32GBが標準搭載で、いずれも2つの容量があります。Ultraではチップの両サイドに各4つのメモリ、Maxでは各2つ、メモリ容量を均等分割して結合されます。

メモリ帯域幅はUltraで800GB/s、Maxは400GB/s。いずれも高速なデータ転送で、Ultraはさらに飛躍した性能です。

最大8TB SSDのストレージ

Mac Studioでは最大8TB SSDのストレージが、M1 UltraとM1 Maxで利用できます。

M1 MaxM1 Ultra
512GB、1TB、2TB、4TB、8TB1TB、2TB、4TB、8TB

Ultraは1TB、Maxは512GB SSDが標準搭載されています。チップ間では大きな差はありませんが、いずれも作業に適切な容量が選べます。

高速に重いファイルが開いたりソフトウエアが起動し、最大8TBの保存スペースを確保できるほか、最大7.4GB/sで読み取りが可能です。

Mac Studioのデザインスペック

Mac Studioのポートやサイズなど、外観のスペックをまとめました。

充実した12のポート

Mac Studioには前面と背面にポートが合計12基搭載されています。

前面

  • M1 Max…USB-C x 2、SDカードスロット
  • M1 Ultra…Thunderbolt 4 x 2、SDカードスロット

右側にインジケーターランプがあります。

背面

  • Thunderbolt 4 x 4 (Thunderbolt 4、DisplayPort、USB4、USB 3.1 Gen 2)
  • 10Gb Ethernet
  • USB-A x 2
  • HDMI
  • ヘッドフォンジャック

外部モニターはUltraで最大4つのPro Display XDRと4K TV、Maxでは最大3つのPro Display XDRと4K TVが接続できます。

背面の右端(後ろから見た場合)に電源ボタンがあります。

Mac miniをボリュームアップしたサイズ

Mac StudioはMac miniを大きくしたデザインで、高さ9.5cmx幅19.7cmx横19.7cmのスクエアサイズ。Mac miniより約6cm高いですが、横置きならディスプレイの下に入り、脇なら縦置きにも設置できます。

重量はMax2.7kg / Ultra3.6kgで、カスタマイズや製造工程により異なりますが、Ultraは冷却に効果的な銅製のヒートシンクを使っているためMaxよりも重いです。

排熱システムの完備

重いタスクを担うMac Studioが快適に機能するために、背面と下側に無数のホールを作りデバイス内の熱をクールにキープします。

本体が熱くなるのを抑え高いパフォーマンスが維持できるほか、電力消費の節約にもなります。ほとんど気にならない静音なファンで、作業に集中しやすいのもメリットです。

カラーはシルバーのみ

Mac Studioのカラーは、Mac miniと同様にシルバーのみです。どのディスプレイにもなじむ、Macのデスクトップのオーソドックスなカラー。

M1のMac miniもカラーバリエーションがなく、外部モニターと一緒に使うデバイスはMac Proも含めて単色が特徴です。

Mac Studioの価格

Mac Studioはチップによって価格が異なります。

*価格はすべて税込

  • M1 Max…278,800円698,800円
  • M1 Ultra…558,800円〜1,118,800円

M1 MaxはCPU 10コアから選択できるため、M1 Ultraとスタートラインで倍の差があります。M1 Ultraでは円安によりフルスペックで100万円を超えました。

さらに他のMacと同様、Final Cut Pro(36,800円)やLogicPro(24,000円)の追加も可能です。こちらは円安の影響は受けていません。

M1のMac miniと比べると以下のようになります。

Mac miniMac Studio (M1 Max / M1 Ultra)
92,800円〜414,800円278,800円〜698,800円 / 558,800円〜1,118,800円

Mac miniとM1 Maxで186,000円〜、M1 Ultraでは144,000円〜の差があり、最大で1,026,000円です。

同じM1シリーズでも、パワーが格別に異なるのが価格からもわかります。

周辺アクセサリの価格について

Mac Studioはエンジンのみなので、ディスプレイやキーボード、マウスなどが必要になります。

サードパーティーの4Kディスプレイは、3万円〜10万円が目安。5Kでは同日3月18日発売のStudio Displayが、219,800円〜から利用できます。合わせて購入すれば、M1 Maxは497,800円〜、M1 Ultraで778,600円〜です。

入力に不可欠な新型キーボードなどのアクセサリ価格は以下の通りです。

  • Magic Keyboard(Touch ID・テンキー付き)…25,800円
  • Magic Mouse…13800円
  • Magic Trackpad…19,800円

上記3つのアクセサリはホワイトとブラックが選べますが、テンキーなしのTouch ID搭載Magic Keyboardは、ホワイトのみが利用できます。

Mac Studioのスペック一覧表

Mac Studioの主なスペックを、チップ別で表にまとめました。いくつかのスペックは共通しています。

スペックM1 MaxM1 Ultra
CPU10コア(8つの高性能コア、2つの高効率コア)20コア(16の高性能コア、4つの高効率コア)
GPU24コア、32コア48コア、64コア
ニューラルエンジン16コア32コア
演算処理スピード最大毎秒11兆回最大毎秒22兆回
トランジスタ数570億個1,140億個
メモリ32GB、64GB64GB、128GB
メモリ帯域幅400GB/s800GB/s
メディアエンジン・ハードウェアアクセラレーテッドH.264
・HEVC
・ProRes
・ProRes RAW
・ビデオデコードエンジン
・ビデオエンコードエンジンx2
・ProResエンコード/デコードエンジンx2
・8K ProResビデオ最大9本再生
・ハードウェアアクセラレーテッドH.264
・HEVC
・ProRes
・ProRes RAW
・ビデオデコードエンジンx2
・ビデオエンコードエンジンx4
・ProResエンコード/デコードエンジンx4
・8K ProResビデオ最大18本再生
ストレージ512GB、1TB、2TB、4TB、8TB1TB、2TB、4TB、8TB
ポート*背面
・Thunderbolt 4 x 4 (Thunderbolt 4、DisplayPort、USB4、USB 3.1 Gen 2)
・10Gb Ethernet
・USB-A x 2
・HDMI
・ヘッドフォンジャック
*前面
・USB-C x 2
・SDカードスロット
*背面
・Thunderbolt 4 x 4 (Thunderbolt 4、DisplayPort、USB4、USB 3.1 Gen 2)
・10Gb Ethernet
・USB-A x 2
・HDMI
・ヘッドフォンジャック
*前面
・Thunderbolt 4 x 2
・SDカードスロット
外部モニターの接続最大3台のPro Display XDRと4K TV最大4台のPro Display XDRと4K TV
Wi-Fi・Wi-Fi 6
・IEEE 802.11a/b/g/n/ac
・Wi-Fi 6
・IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.05.0
最大消費電力370W370W
サイズ高さ9.5cmx幅19.7cmx横19.7cm 高さ9.5cmx幅19.7cmx横19.7cm
重量2.7kg3.6kg
カラーシルバーシルバー
付属品電源コード電源コード
価格249,800円〜939,800円499,800円〜939,800円

M1 Ultraと比べるとM1 Maxは控えめに見えますが、M1 MaxもハイエンドのMacBook Proに搭載されているだけに、プロにおすすめの高性能なチップです。

まとめ

Mac StudioはMac至上のデスクトップとして、プロのクリエイターも納得できる飛躍を遂げました。Studio Displayとの併用もすることで、これまでにないハイエンドの性能を体験できるでしょう。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑