Sidecarを「ウインドウ」からワンクリックで起動する方法

Macのデスクトップがウインドウでいっぱいになったときは、メニューバーの「ウインドウ」からワンクリックでiPadへ移動しましょう。

Mac同士の連携以外はSidecarと同じ機能。どのアプリからも起動できるほか、毎回システム環境設定を通さずに拡張やミラーリングができるのも特徴です。

最初に

ここでご紹介するMacからiPadへの移動方法は、Sidecarの機能を簡潔に交えて説明しています。対応機種や詳しい操作方法はmacOS MontereyではSidecarが「ディスプレイ」に!2台のMacで拡張・ミラーリングも可能をご覧ください。

基本の設定

MacからiPadへウインドウを移動する前に、以下の設定をしましょう。いずれも変更がない限り、次回はパスできます。

iPadとMacの位置を設定

デバイスを配置する画面
  1. 「システム環境設定」→「ディスプレイ」をクリック
  2. 「ディスプレイを追加」→「ミラーリングまたは拡張」→連携するiPadをクリック
  3. MacやiPadのディスプレイをそれぞれのデバイスの周辺をドラッグしながら配置する

ここで設定した配置でMacからiPadにウインドウを移動できます。画像はMacの正面中央にiPadを置くと機能する設定です。

サイドバー・Touch Barの設定

iPadのサイドバーとTouch Barはデフォルトで表示するようになっています。途中から設定を変更したり非表示になっていると連携がしづらくなる場合があります。設定は下記の方法で行なってください。

  1. 「システム環境設定」→「ディスプレイ」をクリック
  2. 「ディスプレイを追加」→「ミラーリングまたは拡張」→連携するiPadをクリック
  3. 「ディスプレイ設定」をクリック
  4. 連携するiPadをクリック
  5. 「サイドバーを表示」と「Touch Barを表示」にチェックを入れる
  6. 「完了」をクリック

サイドバーとTouch Barは表示する位置も選択できます。下にある「Apple Pencilでダブルタップを有効にする」は非表示でも後から設定を変更しても連携には問題ありません。

MacからiPadヘウインドウを移動

MacからiPadへウインドウを移動しましょう。

  1. iPadに移動するMacのウインドウを起動する
  2. メニューバー→「ウインドウ」をクリック
  3. 「iPad”モデル名”に移動」をクリック

Macで起動しているウインドウがiPadへ移動し、拡張ディスプレイ(個別のディスプレイ)で表示されます。同時にMacとペアリングしているキーボード、マウス、トラックパッドでMacとiPad間を操作できます。

iPadからMacへ戻すときはウインドウをドラッグするか、ウインドウ左上の緑ボタンをマウスオーバーし「ウィンドウをマックへ戻す」をクリックしましょう。

ミラーリングへの切り替え

拡張ディスプレイからミラーリングに切り替えてみましょう。以下のいずれかの方法で起動できます。

「ディスプレイ」からの切り替え
「Sidecar」からの切り替え
コントロールセンターからの切り替え

コントロールセンター内の「ディスプレイ」をクリックした後は、”「ディスプレイ」からの切り替え”と同じです。

拡張・ミラーリングを終了する

MacとiPadを拡張ディスプレイやミラーリングを終了するときは、iPadやメニューバーのディスプレイアイコンなどから行います。

iPadからの終了
「ディスプレイ」からの終了
コントロールセンターからの終了

こちらの場合も、コントロールセンターからは「ディスプレイ」と同じ画面になります。

まとめ

Macのメニューバーの「ウインドウ」からiPadと拡張・ミラーリングをする方法をご紹介しました。手早く操作できるので、もう一つのSidecarの機能として使ってみてください。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑