2022年のiPad Proは側面がチタンになる?ワイヤレス充電も期待

高性能な機能で世の中を圧倒するiPad Pro。2022年には側面にチタンが採用されると推測されています。充電もワイヤレスになると言われ、使いやすさがさらに向上するでしょう。

今回は海外の予想リークから、主にこの2つにポイントを置いてお伝えします。

チタンでiPad Proの耐久性を強化

iPad Proのボディおよび側面はアルミニウムですが、2022年にチタンになると言われています。

チタンは高級素材の代名詞

チタンはアルミよりもおおよそ3倍の強度があり、耐熱性も約1000度高いのが特徴。軽量であることもモバイル機器や速さが重要なマシンに都合が良く、多くの高級車や腕時計、航空機などの部品にも採用されています。

それだけにAppleをはじめさまざまなハイテクブランドにも引っ張りだこに。しかし、その割に供給が少ないことや製造に手間がかかることから、出来上がった製品が高価であるのも特徴です。

iPad Proを四方ガード

チタンはすでにApple Watch 5/6にも採用されており、Appleはチタンのメリットをすでに実証。アルミよりも軽く、大きなiPad Proの重さを軽減してくれるでしょう。

iPad Proにカバーやキーボードを装着しても、3つの側面はガードされないので傷つけてしまう心配がありました。アルミも強度に優れていますが、チタンによりiPad Proがさらにガードが強化されるのは確かです。

スタイリッシュな仕上がり

高度な耐久性のあるチタンは削りにくい素材でもありますが、技術開発や砂のような細かな研磨剤を吹き付けて加工をするサンドブラストなどでクリアできることが期待されます。

さらに指紋の跡が残りにくい特殊コーティングで、汚れが目立たなくなることも。使いやすさも備わった仕上がりになりそうです。

MagSafe充電の可能性も

iPad Proの背面がアルミからガラスになると言われ、MagSafe充電が導入されることが予想されています。

Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、Appleはマグネットを埋め込んだガラス素材の大きめのAppleロゴをiPad Proの背面に施し、MagSafe充電を可能にすると伝えています。一部では全背面がガラスになることもリークされていますが、壊れやすいことを考慮したようです。ロゴのみがガラスになるなら、チタンは側面だけでなく背面にも採用される可能性があるでしょう。

同時にiPhoneのMagSafeよりも、スピードアップしたMagSafe充電器を使える可能性があることも示唆しています。現行のiPad Proの付属充電器の出力は18Wなので、MagSafeで実質的に可能な30W以上が望まれるでしょう。

さらにマグネット自体も強化され、デバイスとの密着度がさらに高くなり落下防止も期待できるようです。

モバイルバッテリーにもなる?リバース充電も期待

MagSafe充電の採用と同時に、リバース充電も期待されています。

リバース充電は、iPadから他のデバイスヘ充電ができるシステム。Apple Pencilだけでなく、iPhoneやAirPodsもiPad Proにくっつけて充電できるのは大きなアップデートです。

大きめのバッテリーを持つiPad Proがモバイルバッテリーとしても活用できれば、他のデバイスの使用時間が延長できるでしょう。

iPad Proが進化を続ける理由

続々新機能が発表されているiPad Pro。2022年はどのようなiPad Proが登場するのかスタンバイしている方も多いのではないでしょうか?なぜ毎年のようにアップデートされるのか、いくつかの理由を推測しました。

Macとの作業を向上させるため

かつてiPadのOSがiOSだった頃、iPadはiPhoneとMacの中間である存在でした。しかし独自のiPadOSを採用したことや、M1チップを搭載することで、iPad Proのパフォーマンスの向上を実現。iPhoneを拡大したモバイルからMacのサブマシンとして使えるほどグレードアップしています。

Macの作業をサポートできるということは、それだけ活用や需要も大きくなり、Appleにとっても購入者にとってもメリットが大きいです。外出先ではiPad Pro、オフィスや自宅ではMacを使い分けるなど、Macの最強のモバイルデバイスとして十分な役割を果たすでしょう。

iPadの存在をアピールするため

iPadは使う目的に応じてモデルが選べますが、iPhoneやMacと比べると実用性の面で疑問となる点がありました。しかしiPad Proが画像や動画編集などにも対応できる高性能になってから、iPad Proが飛躍をしたと同時に、iPad全体の存在感が大きくなったのは事実です。

iPad ProのおかげでiPhoneやMacと同等の実用性に到達し、独自性をアピールしながらiPad Proの魅力を高めています。

仕事と遊びに最高峰のデバイスとして到達するため

iPad ProはMacとほぼ同じレベルで機能するほどパフォーマンスが向上しましたが、デザイン、AR、ゲームを高性能で楽しむことにも重点を置いています。

Liquid Retina XDRディスプレイ(iPad Pro 12.9インチ)、Liquid Retina ディスプレイ(iPad Pro 11インチ)の高画質や、M1チップでGPU-8コアを搭載したiPad Proで非現実な世界でもリアルな気分に浸って楽しめます。

仕事とプライベートで幅広い活用できる、優れた機能を搭載したiPad Pro。Appleはこれからも驚くべき機能の開発に野心を抱いていることでしょう。

まとめ

2022年のiPad Proは頼もしい素材と機能が期待できそうです。どの時代のモデルも魅力的で、iPad Proから目が離せなくなるでしょう。iPad Proで毎日の生活が変化していくような時代になっていくかもしれませんね!

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑