AirDropでデバイス間の送信・共有をする方法|エラーも解決!

MacやiPhoneなどで、ドキュメントや写真、Safariのサイトを送るときはAirDropがおすすめです。AirDropなら作業のコラボをしたり、素早く情報を共有できます。

AirDropのやり方は簡単ですが、エラーが起こってできない場合の対処法も加えてお伝えします。

AirDropができるアプリ

AirDropで送れるものは主に以下のアプリ内のファイルや画像、情報などです。Safariや写真などから動画を送ることもできます。

  • メモ
  • 写真
  • Pages
  • Numbers
  • Keynote
  • Safari
  • マップ

基本的にAirDropは共有アイコンからアクセスしますが、PagesやNumbersなどいくつかのアプリは、共有アイコンの代わりに「共同制作」から行います。

AirDropをやる前に準備するポイント

AirDropをするときは、いくつかの設定が必要です。

Bluetoothを有効にする

Mac

「システム環境設定」→「Bluetooth」→「Bluetoothをオンにする」をクリック

iPhone/iPad/iPod

「設定」→「Bluetooth」→「Bluetooth」をオンにする

Wi-Fiを有効にする

Mac

「システム環境設定」→「ネットワーク」→「Wi-Fiをオンにする」をクリック

iPhone/iPad/iPod

「設定」→「Wi-Fi」→「Wi-Fi」をオンにする

AirDropを設定する

Mac

  1. 「Finder」を開く
  2. サイドバーにある「AirDrop」をクリック
  3. 「このMacを検出可能な相手:〇〇」をクリック
  4. 「連絡先のみ」または「全員」を選ぶ

iPhone/iPad/iPod

  1. 「設定」→「一般」をタップまたはコントローセンターの左上にあるウィジェットを長押しする
  2. 「AirDrop」をタップ
  3. 「連絡先のみ」または「すべての人」を選ぶ

「連絡先のみ」の場合は、自分の他のAppleデバイスを含む、自分と相手がお互いに電話やメールなど連絡先に登録しているときに選びます。

「すべての人」の場合は、お互いの電話番号やメールなどを登録していない場合に設定します。必要でない限り、AirDropが終わったら連絡先のみに設定し直すのがおすすめです。外出先やオフィスなどで知らない人の名前が表示されることがありません。

こちらの記事もおすすめ!

AirDropをMacから送る方法

MacからAirDropを行うときのやり方を見てみましょう。最初にマップを例に挙げて試してみます。この方法はメモ、写真、Safariでも同じです。

共有アイコンをクリック

マップの共有アイコンをクリックして、AirDropを選択します。するとAirDropを有効にしている周囲の人がMacに画像や名前で表示されます。

共有したい相手やデバイスを選ぶ

AirDropをしたい相手をクリックして、リクエストをします。AirDropを受ける側に、リクエストをした相手の画面が表示されたら「受け入れる」を選択します。

同じApple IDでつながっているデバイス間でのAirDropでは、許可のダイアログが表示されません。AirDropしたいデバイスを選べば自動的に共有されます。

Pages/Numbers/KeynoteでAirDropをする場合

iCloud Driveに対応するPagesなどのドキュメント系のアプリでは、「共同制作」からAirDropができます。

AirDropをクリックする

追加の部分にAirDropに招待したい相手のメールか電話番号を入力します。「+」のボタンを押すと、リストが表示されるので、共有したい相手をどんどん追加しましょう。

対象には「参加依頼した人のみ」と「リンクを知っている人はだれでも」がありますが、AirDropの場合は「参加依頼した人のみ」を選びます。

アクセス権を選択し、最後に「共有」を押すと、先程のマップのように共有したい相手の画像や名前が表示されます。

AirDropしたいデバイスを選択すると、アプリが直接開かれ共有されます。

AirDropをiPhone/iPad/iPodから送る方法

iPhone、iPad、iPodからAirDropで共有する方法です。ここではiPhoneでSafariとPagesを使って試してみます。

SafariをAirDropする

  1. iPhoneの一番下にある共有アイコンをタップ
  2. AirDropのアイコンをタップ
  3. 共有したいデバイスを選ぶ

写真アプリの場合はAirDropしたい写真をタップして「共有」→「AirDrop」→デバイスを選びます。

地図では目的地を設定し、重ねて表示された画面の上部にある「ー」を上にスワイプします。そして「共有」→「AirDrop」→共有するデバイスをタップして完了です。

Pages/Numbers/KeynoteをAirDropする

  1. 共有するファイルの上にある「 ⋯」をタップする
  2. 「共有」をタップする
  3. 「AirDrop」をタップする
  4. 共有したいデバイスを選ぶ

共有するデバイスによって表示される方法が異なり、iPhoneなどではダイレクトに開きますが、MacではFinderのダウンロードから表示された共有ファイルを選択して共有します。

こちらの記事もおすすめ!

AirDropで送れないエラーが起こったら

AirDropをするとき、エラーで共有できない場合があります。主な原因をチェックして、もう一度試してみましょう。

AirDropを送る人の連絡先が受ける側に登録されていない

「連絡先のみ」でAirDropをする場合は、相手のApple IDのメールアドレスや電話番号が受ける側のデバイスに登録されているかチェックしましょう。

もし連絡先が登録されていない場合は、AirDropする側は「すべての人」に設定をしてください。

「受信しない」になっている

設定が「受信しない」になっているとAirDropができません。最初に「連絡先のみ」か「すべての人」に状況に合わせて決めておきましょう。

iPhone/iPad/iPodがロックされている

ロック解除をしないとAirDropをリクエストする側にデバイスが表示されません。画面の表示時間を短く設置している場合は、オフにしておくとスリープ状態に陥らずスムーズなやりとりができます。

距離が遠すぎる

Bluetoothで共有する場合は、10m以内で使いましょう。50m以上の場所で使う場合は、Wi-Fiがおすすめです。

異なるApple IDでサインインしている

自分が持っているAppleデバイス同士でAirDropをするときは、同じApple IDであることが必要です。AirDropの設定や使用範囲などに問題がなければ、念の為確認しておきましょう。

iCloud Driveが無効になっている

PagesやNumbersなどのドキュメント系アプリでは、お互いApple IDでiCloudへサインインしていないと送信ができません。以下の方法で設定をしておきます。

  • Mac…「システム環境設定」→「Apple ID」→「iCloud Drive」をオンにする
  • iPhone/iPad/iPod…「設定」→「ユーザーネーム」→「iCloud」→「iCloud Drive」をオンにする

まとめ

Appleのデバイスは共有できる方法がいろいろあり、AirDropは初心者でもやりやすい機能です。デバイスを使っていると偶然にAirDropのアイコンが表示されることも多いので、フルに活用しながら共有を楽しみましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑